1. 料理
    2. マーマレードが決め手!ポークソテーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    マーマレードが決め手!ポークソテーの作り方

    はじめに

    ポークソテーにはフルーツのジャムがとても合います。下味のひと工夫でもっと美味しく、そして、少し厚みのあるお肉でも縮ませない方法を紹介します。

    材料(2人分)

    • 豚ロース(とんかつ・ステーキ用)…2枚
    • カレー粉、塩胡椒、小麦粉(薄力粉)…適量

    ソースの材料

    • ウスターソース
    • マーマレード(写真はレモンのマーマレード)

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:肉の下ごしらえ(筋切り)

    脂と肉の境目のところに筋があるので、包丁を立てて刺すようにしてその筋を切ります。

    筋を切らずに焼くと、肉が縮んだり反ったりします。

    STEP2:下味(塩胡椒とカレー粉)

    まず塩胡椒、そしてカレー粉を振り、フォークでつついてなじませます。
    フォークの背で押してみて硬い部分は、フォークを刺してほぐし、裏も同様に・・・

    STEP3:小麦粉を薄くつけます

    両面に小麦粉をまぶして、手のひらで押さえてなじませます。

    STEP4:中火~弱火で焼きます

    中火で温めておいたフライパンで、まず片面をじっくり焼きます。脂が出てくるので、特にくっつきやすいフライパンでなければ油がなくてもかまいません。

    火加減は中~弱火で焦がさないように

    STEP5:裏返して両面ともこんがり焼きます

    脂がある方がカリッと焼けますが、あまり多くて脂が飛ぶようなら、キッチンペーパー等で吸いとってください。

    STEP6:ソースを作ります

    肉が焼けたら皿にうつし、フライパンの余熱でソースを作ります。マーマレードとウスターソースを混ぜます。もし、フライパンが冷めていたら再度火をつけて弱火でひと煮立ちさせてください。

    フライパンを傾け、ソースをスプーンですくって肉の上にかけたら出来上がり。ソースの上にできる脂の層が多いようなら先にスプーンですくって捨ててください。

    フライパンの温度に注意!熱すぎると熱でマーマレードやソースがはねて危険。火傷に注意してください。

    ソースをアレンジしてバリエーションを楽しんで

    今回はレモンのマーマレードでソースを作りました。

    ウスターソースの材料にも色々なフルーツが使われていますし、カレー粉を下味に使うことで味にメリハリが出て、フルーツや甘いものとの相性がとても良くなります。

    オレンジのマーマレードでもいいですし、柑橘系のものにかぎらず、リンゴジャム、缶詰のパイナップルを刻んだものも合います。

    フルーツが甘すぎるように感じたら、ウスターソースを増やすのではなく、塩とレモン汁を加えるとまとまります。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人