1. 暮らし
    2. 牛乳パックを使ってキッチンシンク下における調理器具の収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    牛乳パックを使ってキッチンシンク下における調理器具の収納方法

    キッチン用品は、大きさも形もバラバラで片付けに苦労しますね。そこで、牛乳パックを利用した簡単収納方法をご紹介します。

    予算ゼロで誰にでもできるので、キッチンシンク下をスッキリ整理してみましょう。

    必要なもの

    • 牛乳パック

    牛乳パックの仕切りの作り方

    STEP1:牛乳パックを洗って乾燥させる

    飲み終わった牛乳パックをきれいに洗って、しっかりと乾燥させます。

    STEP:コの字型に切る

    斜線の部分を切り取りとります。

    コの字型になりました。これを仕切りの数の2倍用意します。

    STEP3:牛乳パックを合わせる

    牛乳パックを写真のように合わせるとケースになります。ここにキッチン用品を収納します。

    伸縮自在なので、収納するものに合わせることができます。

    無駄な空間がなくなるので、キッチンシンク下の空間を有効に使えます。

    使用例

    長さが合うもの同士を組み合わせて収納することで、無駄な空間がありません。

    調理器具は、使いたいときにサッと取り出せないと調理がスムーズにできません。仕切ったことでゴチャゴチャせず、見た目もきれいで使い勝手もよくなります。また、複数同じものは必要ありませんから厳選したものだけを置いておくことにしましょう。

    おすすめポイント

    シンク下の汚れ防止になります。また、牛乳パックを使うのでお金がかからず、頻繁に交換も出来て衛生的です。

    おわりに

    仕切りになるケースは100円ショップなどでいろいろ出回っていますが、手持ちの調理器具と収納場所にピッタリするものがありません。そこで、牛乳パックを使うアイデアが浮かびました。ぜひ、お試しください。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人