\ フォローしてね /

脱水の設定を変える!Tシャツを縮まないように洗濯する方法

Tシャツは素材によって、洗うとすぐ縮んでしまうことがあります。

この記事では、Tシャツを縮ませないために洗濯の時にできる工夫をまとめてご紹介します。

用意するもの

  • 洗濯ネット
  • バケツかタライ
  • 洗濯機

Tシャツを縮ませないコツ

Tシャツが縮む原因は無理な洗濯と脱水です。これを踏まえて場合に応じた工夫をご紹介します。

新しいTシャツをおろすとき、いきなり洗濯機で洗ったり、いきなり着たりするのはTシャツを縮ませる原因になります。必ず水通しをしましょう。

水通しの方法

STEP1:水につける

このように、Tシャツを畳んで洗面器などに貼った水につけ、よく水を吸わせます。

STEP2:ネットに入れて脱水する

軽く絞り、洗濯ネットにいれて1分だけ脱水にかけて、干したら水通しの完了です。

普段の洗い方

STEP1:ネットに入れる

Tシャツを縮ませないためには、普段の洗濯でも洗濯ネットを使用して洗濯しましょう。

STEP2:脱水が1分で終わるように設定する

そしてこのように、「脱水」が一分で終わるように設定します。脱水が終わったらTシャツを取り出します。

他の洗濯物と一緒に洗う場合は、Tシャツだけ取り出した後、全体を10分ほど脱水にかけます。

STEP3:干し方

このような形でハンガーの直線部分にかけます。こうすることで縮みも伸びも防げます。

おわりに

水通しをはじめにするかしないかで違いが実感できると思います。また、脱水時間が短くてもTシャツは比較的よく乾きます。

Tシャツの縮みに悩んでいるときは脱水の設定を変えることがポイントです。ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。