\ フォローしてね /

知っておきたい!残代金決済と引渡しの手順

ローンの承認がおりたら、いよいよ残代金の支払いと物件の引渡しです。

売主と調整して残代金の決済日を決めたり、書類を用意したりと、やらなくてはならないことはまだまだあります。

ここでは、残代金決済と引渡しの手順についてご紹介します。

本記事は、ノムコムのご協力により、2013年に執筆されたものです。

決済の準備

残代金決済時には、売買価格から手付金を差引いた残金と仲介手数料や登記費用等の諸経費を準備する必要があります 。

自己資金分については、例えば、定期預金を解約するなど、すぐに用意できるよう準備しておきましょう。

残代金決済時に必要なもの

  • 残代金(ローン分については当日融資実行されます)
  • 固定資産税・都市計画税の清算金(引渡し前日までは売主様負担、引渡し日以降は買主様の負担です)
  • 実印
  • 住民票(同居される方全員分)
  • 管理費、修繕積立金等の清算金(マンションの場合、引渡し前日までは売主様負担、引渡し日以降は買主様の負担です)
  • 運転免許証等(ご本人確認のため)
  • 火災保険料、登記費用

仲介物件を購入する場合は、仲介手数料の残金支払いが必要です。

引渡し前の物件確認

契約時に取り交わした「物件状況等報告書」および「設備表」に従って現状確認を行います。

売主、買主立会いのもと、契約時と物件の状態が変わっていないか、引渡し可能な状態かを確認しましょう。

残代金の支払いと登記手続き

買主が住宅ローンを組む場合は、住宅ローンの申込を行った金融機関などで行うことが一般的です。

売主への残代金の支払いを行い、同時に不動産の引渡し、鍵などの受領が行われます。

買主名義にする登記手続等は、一般的に司法書士に委任して行います。

各種設備の取り扱い説明書を譲り受ける

売買物件に付帯する設備(キッチン、給湯器、エアコン照明器具など)の取扱い説明書やマンションの場合は分譲時のパンフレット、一戸建ての場合では建築時の設計図など、売主が所持していれば、譲り受けておきましょう。

おわりに

ここでは、残代金決済と引渡しの手順についてご紹介しました。

不動産会社の営業担当者と細かく相談し、トラブルなく引渡しまでを行いましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。