\ フォローしてね /

卵かけご飯に最適!卵黄の醤油漬けの作り方

あったかごはんに生卵をかけただけなのに超美味しい、老若男女に大人気な「卵かけごはん」を知らない人は居ないはず。

ここでは、生卵よりもごはんにあうとオススメしたい「卵黄の醤油漬け」の超簡単な作り方をご紹介します。

用意する材料(2~4人前)

  • 生卵(卵黄)・・・2~4個
  • しょうゆ・・・適量
  • みりん・・・適量
  • 底が平たい容器
保存がききますので、食べたいだけの個数を用意しましょう。

作り方

STEP1:生卵を割って卵黄だけに分ける

生卵の殻を割り、卵黄(黄身)だけに分けます。分けた卵黄は、底が平たい容器に優しく入れましょう。

卵白(白身)が残らないようにすると、仕上がりがキレイになります。
卵白はここでは使いません。メレンゲなど他の料理に使いましょう。

STEP2:しょうゆ、みりんに浸す

卵黄を容器に入れたら、しょうゆ・みりんを半々にして、卵黄がひたひたになるまで注ぎます。

このまま容器に封をして、冷蔵庫で傾けずに数日間保存します。

容器の大きさに対して卵黄の数が少なすぎると、漬けダレが余ってしまいます。バランスを考えて注ぎましょう。
濃口が好きな方は、しょうゆ・みりんを7:3くらいにするか、濃口しょうゆを使ってみてください。また、カツオ出汁の素などを入れても美味しいのでお試しください!

漬かり具合のめやす

4時間 漬けダレの味が少し染み込んでいる生卵
1日 まわりに染み込んでいてまだトロリとする食感
2日 全体的に染み込んでいて粘度がある食感
3~4日 ほぼ固まっていてチーズのような食感
1日ごとに優しく裏返してあげると、均一に味が染み込んで美味しくなりますよ!

STEP3:お好みの漬かり具合で完成!

お好みの漬かり具合になったら、必要な分だけ冷蔵庫から取り出しましょう。ホカホカごはんに載せて食べると絶品です!

1日ほど漬けたもの

3日ほど漬けたもの

あまった漬けダレの使い方

卵黄を漬けるのに使用した漬けダレは、卵黄のタンパク質が溶け出しているため、加熱すると白く濁ってしまいます。

少しだけごはんにかけたり、卵と一緒に豆腐にかけてみたり、料理に入れてみると美味しく食べられると思います!

おわりに

下準備があっという間に終わり、あとは漬けておくだけの超お手軽な料理です。簡単なのに高級珍味のような味をお楽しみいただけると思います!

いくらの醤油漬けにも劣らない!?ぜひ作ってみてください!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。