\ フォローしてね /

そでたたみで洗濯物をあっという間にたたむ方法

洗濯物をたたむのは面倒ですよね。ここでは洗濯物をたたむ時短テクニックを紹介します

時短テクニック「そでたたみ」

そでたたみは和服の簡単なたたみ方です。このたたみ方を使えばいちいち服を床に広げてたたまなくても、座ったまま胸元でスイスイとたためます。

STEP1:両肩を持つ

服をひろげて両肩で持ちます。

STEP2:肩と袖を合わせる

左右の肩と袖を合わせます。

STEP3:見ごろと袖を合わせる

見ごろに袖を合わせます。写真をとる都合でこんな風になっていますが、実際にはあごで肩の部分をはさみ、自分の胸の上でたたむと簡単です。

STEP4:半分に折る

見ごろの半分のところで折ります。

STEP5:もう一度折って完成!

もう一度半分に折ります。完成です。

このたたみ方だと普通のたたみ方の半分以下の時間でたためます。最後は長方形になるので折山が見えるようにタンスに収めると見た目もきれいです。

襟付きの服は襟が折れてしまうのでそでたたみは向いていません。Tシャツやシワになりにくいカットソーにはおススメです。

時短のための収納用品

タンスや引き出し式の収納を1か所にまとめて置きます。洗濯物をたたむときは収納のそばに洗濯物を持ってきます。タンスなどの引き出しを階段状に開け、たたんだそばから洗濯物をしまいましょう。

注意点

いくら時短しても、着たいときに服の状態が悪ければ台無しです。普段着や下着はそでたたみですばやくたたむ、外出着はアイロンをかけてハンガーにかけておく、など、どんな服かによって工夫して時短しましょう。

おわりに

洗濯物をたたむのが面倒な人はぜひ試してみてください。

(photo by 足成)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。