\ フォローしてね /

長く使えるように慎重に…通勤用クロスバイクの選び方

自転車通勤はエコな上に運動不足の解消もできるとあって、最近人気になってきています。

自転車は手軽な乗り物ですが、とくに長距離の通勤を行う際には、どんな自転車でもいいというわけではありません。ママチャリとスポーツ用の自転車では乗り心地や疲労度が雲泥の差があります。

ここでは、通勤に適したクロスバイクの選び方についてご説明します。

通勤用クロスバイクの要素

1.荷物が載せられる

多くの場合、クロスバイクを含むスポーツ用自転車は、ママチャリのように荷物をたくさん積んで走ることが考慮されていない場合が多いです。

しかし、通勤の際には仕事で使う荷物や着替えなど、それなりに荷物を自転車で運ぶ必要があります。

荷物の少ない方はメッセンジャーバッグやリュックなどで身体につけていくこともできますが、自転車に荷物を載せられたほうが疲労度は少なくなります。

フレームに「ダボ穴」と呼ばれるネジ穴が開いているクロスバイクでは、あとからリアキャリアを増設することができます。

2.様々な道に対応できる

通勤の場合、走る道が常に平坦な幹線道路とは限りません。それぞれの通勤ルートによりますが、坂道を登ることも、荒れた路面を通ることも、狭い路地裏を通ることもあるでしょう。

このような場合、クロスバイクの中でもフラットバーロードと呼ばれるような、タイヤが細くて高いギア比のギアを搭載した自転車はオススメ出来ません。

フラットバーロードは平坦な道路の高速巡航には向いていますが、高ギア比では坂道がきつく、細いタイヤは悪路でのパンクの可能性が高いです。

28c以上のやや太めのタイヤと、3枚のフロントギアが載せられているタイプであれば、幅広い道のりに対応することができます。

3.信頼性

通勤自転車は長い間使用するものですから、出来る限り信頼性の高いものを購入したいです。

信頼性の目安となるのは、メーカーです。自転車は国産が必ずしも優れているわけではありませんが、とくにパーツレベルではシマノ社製のものが使われていると安心出来ます。

ホームセンターやディスカウントショップなどでクロスバイクと称してノーブランド(あるいは非自転車メーカー)の安価な自転車が売られていることがありますが、重量や信頼性の観点からあまりおすすめ出来ません。

4.身体に合わせたものを

クロスバイクはスポーツ用自転車の分類に入るものですから、カジュアルなものでもママチャリに比べるとかなり前傾姿勢がきついものが多いです。

ママチャリと同じように、身体に合わないものを使っていると、体の各部を傷める原因となってしまいます。

自転車店で購入前に体の寸法を測ってもらい、サドルやハンドルの調整を行なってもらった上で、身体のサイズに合った自転車を選びましょう。

おすすめクロスバイク

筆者が使用しているのは、クロモリフレームのツーリング用クロスバイクです。

クロモリはアルミやカーボンのフレームに比べて衝撃吸収性に優れています。クロスバイクはタイヤが細く空気圧が高いこともあって、ママチャリよりもずっと走行時の衝撃が身体にかかってきます。

手袋などで吸収しきれない衝撃に対して、クロモリのしなやかさはかなり役に立ちます。

ツーリング用のクロスバイクの多くはタイヤが太く、フロントギアが3枚搭載されているものが多いので、自転車通勤を始めた際には運動不足だった筆者でも快適に乗ることができました。

また、ツーリング用なので、フレームにキャリアを載せられるダボ穴が開いています。筆者はリアキャリアを自転車店でつけてもらい、その上にキャリアバックを載せて通勤しています。

どうしても走行中に位置がずれるメッセンジャーバッグとは違って非常に快適です。

おわりに

クロスバイクはそれなりに値段の張るものなので、選ぶ際にはできるだけ慎重に、長く使えるものを選びたいですね。

適したクロスバイクを選んで、快適な自転車通勤をエンジョイしてください。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。