\ フォローしてね /

満員電車でもOK イディオム用単語帳の作り方

電車の中などで、ちょっと勉強したいと思ったら、単語帳が便利ですね。

本などだとかさばるので、混んでいると迷惑になってしまいますが、単語帳ならポケットに入れて片手で使えます。

今回は、イディオム用単語帳の作り方をご紹介します。

著者がイディオムを学習している理由

英会話教室に通い始めましたときに、ネイティブの先生が会話中に、自然にイディオムを多用していることに気が付きました。今まで暗記は単語中心だったので、それからはイディオムも勉強してみようと思いました。

イディオム用単語帳

必要なもの

  • 手作りイディオムカード

表には覚えたいイディオム(虫食い)

裏には正解の単語と、その意味

手順

STEP1

表を見て、そこに何が当てはまるか考えます

STEP2

裏を見て正解を確認します。

あっていればカード右上にマークをします。

間違っていたり、分からなかったり、自信がなかったりした場合は、マークしません。

STEP3

次からは、マークの書いてあるカードはスキップします。

1日の分量

なるべくスピーディーにたくさんの単語をこなすのがコツ。

カード1枚に対し、5~10秒くらいで回答しましょう。著者は電車の中で、行き15分・帰り15分くらいを当てています。

さいごに

カードにマークが増えてくると、嬉しくなってきます。著者はこの方法で、いつのまにかカードが数百枚に増えてしまいました。たまに古いものも復習していますよ。おすすめです。

(photo by 足成)

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。