1. 趣味
    2. イギリス・バースの有名遺跡『ローマン・バス』の楽しみ方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    イギリス・バースの有名遺跡『ローマン・バス』の楽しみ方

    イギリス中西部のバースは、お風呂(bath)の語源になったことで知られている町で、今でも当時の様子を伝える『ローマン・バス』という遺跡が残っています。今回はその観光スポットのオススメポイントなどをご紹介したいと思います!

    著者のイギリス地方都市旅行の詳細

    2008年4月に約2週間イギリス旅行をして以来、3年連続で同じ時期に一人旅しました。行ったことのある地方都市は、バース、ソールズベリー、湖水地方、エディンバラなどです。

    バースは2010年4月に、1泊2日の日程で滞在し、観光スポット巡りや、スパ体験などをしました。

    ローマ時代の遺跡『ローマン・バス(The Roman Baths)』

    映画化もされた大ヒットコミック『テルマエ・ロマエ』で知った人も多いと思いますが、古代ローマ人は日本人同様に“お風呂大好き民族”でした。

    領土を広げるとともに各地に公共浴場を建設し、バースは古代ローマ人にとっての一大保養地として栄えたそうです。

    大浴場の大部分は中世の間に埋もれてしまいましたが、19世紀末の発見によって再び日の目を見ることとなり、今は博物館として保存されています。

    • 行き方:バース・スパ駅からManversストリートを北へ徒歩約15分
    • 見どころ:浴場の入口にあるパンプ・ルームと、記事トップの写真の大浴場
    • 予約:必要なし
    • 料金:大人12ポンド(約1800円)
    • 注意点:大浴場は遺跡なので、入浴は不可
    『ローマン・バス』の詳細については、こちらのホームページをご覧下さい(英語サイト)。

    『ローマン・バス』のおススメポイント

    1:遺跡の装飾が美しい!

    大浴場の遺跡の屋上部分(柱の延長部分)にあたるところに、たくさんの石像が並んであって、それが古代の浴場の雰囲気を醸し出していてとても素敵でした!

    2:飲泉もできる!

    この施設での入浴はできませんが、パンプ・ルームでは温泉水を無料で飲ませてくれます!味ははっきり言って美味しくありませんが、“良薬口に苦し”で体にはとっても効きそうでした。

    これは、旅の記念にぜひ試飲してほしいです。

    バースを旅する人に向けて観光に関するアドバイス

    『ローマン・バス』は大浴場に至るまでに、ここで発見された様々な展示物を見て回るルートがあるので、1時間半は見学に要すると考えておいた方がいいです。日本語の音声ガイドを無料で貸してくれますので、ぜひ利用するようにして下さい。

    パンプ・ルームはレストランになっていて、素敵な雰囲気の中で英国式のアフタヌーンティーを楽しむことができるので、見学後に利用してみてもいいと思いますよ。

    おわりに

    日本人の著者がこの遺跡を見ると、何だか妙に古代ローマ人への親しみがわいてきました。今も湯煙の上がるこの『ローマン・バス』で、皆さんも一度、昔の人々の生活に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ