\ フォローしてね /

パン粉で揚げ油の温度を確かめる方法

このライフレシピのもくじたたむ

揚げ物をする時、揚げ油の温度を確かめる方法は、いろいろありますが、今回はパン粉を使った方法をご紹介します。

揚げ油の温度を確かめる方法

少量のパン粉を油の中に落とした時のパン粉状態で、油の温度を判断します。

乾燥パン粉は水で湿らせてから使いましょう。

低温(150~160℃)

パン粉はゆっくりジワジワと広がっていきますが、広がりが少ないです。

焦がさずに中までじっくりあげるときに使用。イモ類や根菜類、冷凍食品。

中温(170~180℃)

パン粉は油のジワーッと、表面全体に広がります。(低温より広がりが速いです)

しっかり火を通してからりと揚げたいときに使用。肉や魚のから揚げやフライ、野菜の天ぷら、ころもが焦げやすいフリッターなど

高温(180~190℃)

パン粉はパッと勢いよく広がります。

きつね色に揚げたいときや二度揚げのときに使用。魚の天ぷらやフライ、コロッケ。

おわりに

パン粉を使った揚げ物をする時は、特別な道具など必要ないので、この方法が便利です。揚げ物を上手に作るコツはなんといっても油の温度です。火加減を上手に調節して、常に油を適切な温度に保ち、おいしい揚げ物を作りましょう。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。