\ フォローしてね /

渡してはいけないものがある?引っ越し祝いの選び方とマナーについて

引っ越し祝いは何を贈ろうかといつも悩んでいませんか?シーズンは特に困りますよね。でも、やっぱりお引っ越しのプレゼントですから、使いやすいものが一番です!

ここでは筆者が今までに実践したことのある引っ越し祝いの選び方やマナーの基本をご紹介します。

贈ったことのあるギフト名

タオル

友人が引っ越した時に贈ったギフトです。消耗品のタオルは何枚あっても助かると言います。自分も愛用していて気に入っている今治タオルのバスタオルとタオルのセットになったものを贈りました。

自分が使って気に入っているものを贈りました。長く使ってもらえるように、品質のいいものを贈ります。

ふきん

これも自分が使って気に入っているものを贈りました。新婚の友人で、今まで実家暮らしだったこともあって台所仕事で使ってもらえそうな白雪ふきんをセットにして贈りました。

こちらはプレゼントした中でも大変喜ばれました。それまで実家暮らしの女性だったので「家事に役立つもの」を考えて贈ったのですが、それが意外によかったようです。喜んでもらえてこちらも嬉しくなりました。

結婚で引っ越しをした人には家事が楽になるグッズもおすすめです。

ペアグラス

リクエストがあったので、ペアグラスを贈りました。ボダムの耐熱ガラスでできたグラスです。食器は相手の好みもあるとは思うのですが、相手の希望があれば贈ってもいいと思います。

食器は好みもありますが、リクエストがあったときは贈ってもOK!

気をつけるべきマナー

贈るのを避けるべきものもあります。例えば、アロマキャンドルやお香などは「燃える」を意味するので贈るべきではないと言われます。同じように「赤いもの」も火を連想しますのでNGです。また、グラスや食器は「壊れる」を意味するのでこちらも贈るべきではないと言われます。

他にも、靴下や靴、スリッパなどは「足元」を意味するので会社の上司など上の立場の人には贈るべきでないというマナーもあります。

ですが、大切なのは相手が喜びそうかどうかです。リクエストがあったり、本人が欲しそうであれば贈ってもOKですよ。

おわりに

相手の好みもあるので、引っ越し祝いは難しいです。親しければ直接何が欲しいか聞いてみるのもいいかもしれません。

相手に喜んでもらえる引っ越し祝いを贈ることができるといいですね。筆者の体験を参考にしてもらえると嬉しいです。

(image by 筆者)
(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。