\ フォローしてね /

カラーボックスをアレンジ!靴収納の方法

このライフレシピのもくじたたむ

著者の家の玄関収納は小さくて、靴が入りきらずにあふれていました。

作り付けの靴箱の上に置けるような小さな靴箱を探していたのですが、丁度いいサイズが無かったので、2段カラーボックスを使った靴の収納を作りました。

使用するもの

  • カラーボックス2段(幅約41.5×奥行約29×高さ約59.5)980円
  • ねじくぎ 16本
  • プラダン(厚さ5mm)

いずれもホームセンターで購入しました。

プラダンとは、プラスチックを素材として作られたダンボールシートです。ダンボールよりも耐久性、耐水性が優れています。カッターでカットできるので、ベニヤ板よりも加工が楽です。

加工の仕方

カラーボックスを横にして使います。

STEP1:プラダンを適当な大きさにカットする

プラダンは中の棚として使用するので、サイズに合わせて4枚分カットします。

STEP2:ねじくぎを取り付ける

段を付ける位置を決めたら、そこにねじくぎを1辺に2か所ずつ取り付けます。

鉛筆でガイドラインを引いておくと、平行に設置できます。

STEP3:プラダンを乗せる

ねじくぎの上にプラダンを乗せます。これでできあがりです!

写真の様に、カットしたプラダンの前後に引っ掛け部分をつけておくと、ねじくぎに引っかかって靴を出すときに飛び出てきません。

ねじくぎで、靴や手を傷つけないように注意しましょう。

中の板を一枚外すとショートブーツも入ります。

おわりに

このような感じで使用しています。予算もかなり安く済んだので、大満足です。是非お試し下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。