1. 料理
    2. 穀物酢の保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    穀物酢の保存方法

    穀物酢は値段が安くて、体にもよいため、お酢の中でも最もよく使われているのではないでしょうか?

    お酢は殺菌効果があり、腐ることはまずありません。しかし、口に入れるものなので、風味を保っていつまでもおいしくいただきたいですよね。

    そんな穀物酢の保存方法をご紹介いたします。

    開封前の保存方法

    ラベルには「直射日光を避けて保存」とあります。なので出番が来るまでは、暗くて比較的温度差の少ない食品庫に眠らせておきます。

    開封後の保存方法

    基本的には冷暗所でいいのですが、特に夏場は暑さにより風味が落ちてしまいがちです。もし冷蔵庫に空きスペースがあったら、冷蔵庫に入れることをおすすめいたします。

    開封したということは空気に触れるということ、空気に触れれば触れるほど品質は落ちて行くので、使用後はきちんとふたを閉めておきます。

    ポイント

    • 卓上小瓶などのふたがきっちりと閉められない容器には入れない方がいいです。

    空気に触れやすいので味が落ちます。
    • 一度器にとったお酢は、瓶に戻さないようにします。

    • 開封後はなるべく早めに使いきるようにします。

    食用だけでなく、例えばゆで卵を作る時にお湯にお酢をちょっと加えてあげれば、卵のカラがむきやすくなります。
    ニオイ取りなど、お掃除にも幅広く利用できて、とても便利です。積極的に利用しましょう。

    おわりに

    料理や掃除の強い味方、お酢を上手に保存して、鮮度を保ってくださいね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人