\ フォローしてね /

お掃除の基本!絶対に守るべき5つのルール

お掃除と聞いて、「面倒」や「大変」などと思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。そんなお掃除も、ここで紹介する5つのルールを頭に入れておくことで、掃除を簡単で、より効率的なものにすることができます。

掃除のタイミング・頻度

掃除のタイミングや頻度は一概にこれということはできませんが、目安としては床や家具の上などにホコリがたまってきたのを目印に掃除をするようにするとよいでしょう。また、汚れが目立っていないようでも、最低で月に1度は掃除をするように心がけましょう。

掃除の仕方、順番に関する基本5ルール

ルール1:お掃除は上から下へ

掃除を始めると自然と分かりますが、ほこりは上から下へと落ちていきます。

したがって、最初に床掃除をして、それから高いところ、という順にやっていくとせっかく掃除した床にホコリをたくさん落としてしまうことになりかねません。

そのためにも、「上から下」の順番を厳守しましょう。

ルール2:洗剤は下から上へ

先ほど、「上から下」のルールを説明したばかりですが、例外が1つだけあります。それは、洗剤を使った窓ふき、壁のヨゴレふきです。

特に液体洗剤を使用したときには、洗剤が上から下へと垂れていってしまうので、「上から下」の順に掃除をしてしまうと、最後にその洗剤を拭き取らねばならず、二度手間になってしまいます。

ルール3:汚れは軽いものからひどいものへ

汚れはひどいものが目立ちがちです。

しかし、最初にひどいよごれを取り除こうと強力な洗剤を使ったり、力を入れて掃除をすると床や壁材を傷めたり、よごれをさらにひどくしてしまうなど、思いがけないトラブルを招いてしまうことがあります。

そのため、まずは軽いよごれを簡単に落としてから、ひどいものに取り組むことをおすすめします。

ルール4:床掃除は奥から手前に

ルール1と2で述べたことと共通する部分がありますが、床掃除については「奥から手前」を意識して行ってください。

モップがけ、ワックスがけをした後に既に掃除した部分を踏んでしまうと、そこがよごれになってしまいます。部屋の奥から、出入り口へ「奥から手前」を守りましょう。

ルール5:乾いた汚れは乾いたまま

ホコリや髪の毛などのかわいた汚れに関しては、乾いた雑巾で拭きとる、コロコロクリーナーを利用するなど、かわいたまま取り除くといいです。

濡れ雑巾を使ってしまうとよごれを広げてしまいますし、さらに最後に濡れた部分を拭き取らなくてはならず、手間がかかってしまいます。

掃除を休むことなくコツコツやるには

まずはよごれをためこまないことです。部屋が汚くなってしまえば汚くなってしまうほど時間や手間がかかってしまいます。

そうならないためにも、床のモップがけや、掃除機がけだけでも毎日取り組むとよいです。

おわりに

いかがだったでしょうか。ここで紹介した5つのルールを守ることで、汚くなりがちな部屋を生活なまま保つことができるでしょう。

(photo by PAKUTASO)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。