\ フォローしてね /

クリスマスカードを英文で書く方法(ビジネス編)

手作りのクリスマスカードや、ちょっとしたメールに、英文でクリスマスの言葉が添えられたら素敵ですよね。

今回はビジネスシーンでクリスマスカードを送る際の注意事項と、使える定番のフレーズを集めてみました。是非活用してみてください。

クリスマスカードのマナー

クリスマスカードのマナーには以下のようなものがあります。

  • 英文はすべてセンタリングする。
  • 会社名、住所、署名は、あいさつ文の下に記入する。
  • 相手住所・宛名は礼儀として手書きで書く。
  • 封筒の表書きはSeason's Greetingsか、Happy Holidaysとする。

送る際の注意事項

クリスマスカードを送る際は、相手の宗教によって注意が必要です。「Merry Christmas」という表現はキリスト教徒に対してのみ使います。

日本では普段あまり気にすることもなく、安易にメッセージを送りがちですが、クリスマスは本来キリスト教徒が祝うものであり、現在の世界情勢でイスラム教徒やユダヤ教徒にクリスマスカードを送ることは、極めて失礼な行為になります。

特にビジネス上の取引関係にある会社に送る場合は、配慮が必要です。ですから、クリスマスのお祝いというよりも季節のご挨拶といった感じで書きましょう。

また、クリスマスカードにあらかじめ「Seasons Greetings」などと印刷されている場合、ビジネスパートナーやクライアントの場合は、手書きでメッセージを付け加える必要はありません。

なぜなら、オフィスではカードを机に飾ったり、みんなが見えるように机に置いたりしますので、個人的なコメントが書いてあるのはあまり好ましくないかもしれないからです。その代わり署名などは手書きで記入しましょう。

クリスマスカードの定番フレーズ(ビジネス用)

もし、カードに何も書いていない場合や、何かひとこと付け加えたい場合は、下記のようなメッセージがよいでしょう。

  • Season's greetings & best wishes for the new year.

(良いお年をお迎えください。)

  • Wishing you every happiness this holiday season and throughout the coming year.

(このホリデーシーズンも、そして来年も幸多きものであるよう願っております。)

  • To our customers and friends, we extend our best wishes for a joyous holiday season and a successful new year.

(お客様ならびにパートナーの皆様へ、楽しいホリデーシーズンをお過ごしください。来年も良い年であることを願っております。)

さいごに

素敵なカードを選んで、ひときわ相手に印象付けましょう。海外に送る場合は、日本的なデザインが好まれるかもしれません。日本語も一緒に書くと面白いかもしれませんね。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。