1. 暮らし
    2. 覚えておきたい!不動産購入のための物件見学のポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    覚えておきたい!不動産購入のための物件見学のポイント

    不動産購入の際、自身の希望に近い物件が見つかったら、実際に物件を見に行くようにしましょう。

    ここでは、物件見学のポイントについてご紹介します。

    本記事は、ノムコムのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    見学について

    新築マンションの見学

    モデルルームに行ってみましょう。定休日がある場合もあるので、事前に予約をしていくことをおすすめします。

    新築一戸建てや注文住宅にもモデルルームがあることがあります。

    中古マンション・中古一戸建て・新築一戸建て・土地などの見学

    不動産会社を通して売主の方の確認を取り、見学の日程を調整します。

    新築一戸建てや土地の場合、不動産会社自身が売主であることもあります。

    物件をよく見よう!

    確認したいポイント

    • 建物の状態
    • 最寄駅までの距離や道筋
    • 周辺住環境
    • 日当たりや騒音等の状況
    • 学校・スーパー・病院などの生活施設
    現地見学のチェックリストは、不動産会社のホームページなどで公開されています。実際に見学する際は、チェックリストを活用することをおすすめします。

    この他に・・・

    • 通勤通学の手段、渋滞や電車の混雑状況など、住むことを想定してチェックしましょう。
    • 新築マンションはモデルルームと建築地が離れている場合もあります。実際に建物が建つ建築地にも足を運んで、土地の様子や周辺環境などを確認しましょう。
    • 気に入った物件については、平日の様子や夜の状態なども確かめてみましょう。

    おわりに

    ここでは、物件見学のポイントについてご紹介しました。

    家は人生の中で最も大きな買い物です。慎重にチェックしてみてくださいね。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人