1. 料理
    2. どう選べばいいの?!お菓子に使うお砂糖の選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    どう選べばいいの?!お菓子に使うお砂糖の選び方

    このライフレシピのもくじたたむ

    お菓子作りに欠かせないのが「砂糖」ですね。砂糖は食べ物に甘みを加える調味料です。とはいえ、色々な種類があるので、どういう場合にどの種類の砂糖を使うのか迷うことも多いかもしれません。

    製菓に使う「砂糖」の選び方、使い方についてまとめてみました。

    お菓子作りによく使われる砂糖

    グラニュー糖

    小さな糖の結晶がサラサラしている砂糖です。世界で最も使用量の多い砂糖と言われています。純度が高いので、雑味がなく、焦げにくいため、特に焼き菓子に向いています。

    価格は上白糖よりややお高めです。

    上白糖

    白くてざらさらした砂糖です。日本では最も一般的な砂糖です。どこのご家庭にもきっとあると思います。水分や転化糖を含むため、製菓用にはあまり適さないとも言われていますが、仕上がりの良さを気にしないような家庭のおやつ作りに使うのであれば、上白糖で十分だと思われます。

    煮物などの料理などなんにでも使えるので便利です。

    粉砂糖

    グラニュー糖を砕いた粉末にコンスターチを加えた砂糖で、細かい粒子のサラサラな砂糖です。仕上げにデコレーションとしてふりかけたり、アイシングの主材料としても使います。

    マカロンなど、粉砂糖でないと仕上がりがうまくいかないお菓子もあるので、レシピに粉砂糖を使用するように指定してある場合は、必ず粉砂糖を使うようにした方が無難です。

    きび砂糖

    黄褐色の砂糖です。精製途中の砂糖液を、そのまま煮詰めて作るので、さとうきびの風味があります。ミネラル分も比較的多いです。

    風味とコクとがあるので、ナチュラルテイストの焼き菓子に使うのがオススメです。

    おわりに

    お砂糖の種類は他にもいろいろ(黒砂糖、和三盆、ザラメ糖、三温糖、氷砂糖などなど…)あります。だいたいの用途には上白糖で間に合いますが、いろいろなお砂糖を使ってワンランク上のお菓子作りに挑戦してみるのもいいかもしれませんね!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人