\ フォローしてね /

賃貸物件の希望条件をまとめる方法

満足できる部屋探しのためには、まず、自分がどのような部屋に住みたいのかという、賃貸物件の希望条件をまとめておきましょう。

ここでは、希望条件の効率的なまとめ方や整理の仕方をお教えします。住まいを借りる前に、是非ご一読ください。

本記事は、不動産ジャパンのご協力により、2013年に執筆されたものです。

賃貸物件の希望条件をまとめる方法

STEP1.自分の希望条件を整理する

住まい探しを始めるに当たっては、自分の希望条件をある程度決めておきたいものです。

特に、駐車場付き、ペット飼育可、楽器演奏可などの特定の希望がある場合には、不動産会社に前もって伝えておきましょう。また、勤務先との法人契約を希望する場合は、その可否を確認しておく必要があります。

STEP2.希望条件に優先順位を付ける

次に、自分の希望条件に優先順位を付けていきます。

例えば、駅前の便利な立地で、かつ静かで交通量が少ない場所の物件というのは、あまり多いわけではありません。

希望条件をすべて満たす物件があるとは限りませんので、どうしても譲れない条件は何か、譲ってもよい条件は何かを検討し、希望条件に優先順位を付けます。こうして優先順位を決めておくと、自分の要望に近い物件を見つけることができるでしょう。

借りるときの主な条件

地域(周辺の環境)

  • 希望する沿線、駅など
  • 通勤、通学に便利な地域、静かな環境、商店街の近くなど
希望する沿線、駅に関しては、複数路線、複数駅を候補にしておくと対象物件が多くなります。

最寄り駅からの距離

  • 徒歩◯分以内希望、バス便利用でも可など

予算

  • 手取り月収の3分の1以下など
賃料支払い後の生活費を想定して、余裕をもった予算を考えましょう。

入居を希望する日

  • ◯月末まで、あるいは◯月中など

間取り、広さ

  • 家族数から何室必要か、家財の量からどの程度の広さが必要かなど

住戸の階数

  • 1階でも可、あるいは2階以上など

住戸の位置や向き、日当たり

  • 角部屋、南向き、東向きなど

室内外の設備

  • ユニットバスでも可、オートロック付き、駐車場有りなど

建物の構造、種類

  • アパート、マンション、あるいは一戸建てなど

その他

  • デザイナーズ物件、ペット可、楽器演奏可など

おわりに

希望条件をまとめておくことが、理想の住まいを見つけるための第一歩です。素敵な物件が見つかるといいですね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。