1. 雑学
    2. サービスの良いタクシーを選ぶポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    サービスの良いタクシーを選ぶポイント

    同じお金を払ってタクシーに乗るのなら、なるべく気持ちよく乗れるタクシーに乗りたいもの。今回は筆者が実践しているサービスの良さそうなタクシーを選ぶポイントを紹介します。

    サービスの良いタクシーのポイント

    声かけ

    なんと言ってもこれが一番じゃないでしょうか。「どちらへ行かれますか?」とか「空調は大丈夫でしょうか?」など、こちらから言わなくても丁寧にきいてくれるドライバーは好印象です。

    ドアを開けてくれる

    一部のタクシー会社ですが、ドライバーが運転席から降りてきて、ドアを開けてくれるタクシーがあります。きちんと確認してから開け閉めしてくれるので、安心感があります。

    運転が丁寧

    急ブレーキ、高スピード、急発進などがなく、丁寧な運転をしてくれるドライバーは乗っていてとても落ち着きます。急ぎであったとしてもそれを感じさせない運転技術の高いドライバーに当たると助かります。

    サービスの良いタクシーの見つけ方

    社員教育が行き届いたタクシー会社を選ぶ

    筆者はある特定のタクシー会社のタクシーをいつも利用しています。その会社のタクシーに乗る限り、感じの悪いドライバーには当たったことがありません。大きな荷物があったり、乳幼児と一緒に乗った際でも、どのドライバーも嫌な顔ひとつせずに丁寧に応対してくれます。おそらくきちんと社員教育が行き届いているのだと思います。

    良いタクシーか悪いタクシーかは、ドライバーの対応にかかっていると言っても過言ではないと思いますが、この「ハズレに当たったことがない」経験というのは、タクシーを選ぶ上でとても重要なことです。

    いろんなタクシーに何度か乗ってみて、経験上、自分が安心できる会社を選ぶのがいいでしょう。

    個人タクシーを選ぶ

    個人タクシーは「一定期間その地域で営業した経験が必要」など、いろいろな制限があります。必然的にベテランのドライバーが多くなるので、タクシー選びに困ったときは、個人タクシーを選ぶのもいいかもしれません。

    タクシーで困った体験談

    いろいろありますので羅列していきます。

    • 普通の公道で時速100km以上出された。
    • お釣りがないので、コンビニで両替してきてくださいと言われた。
    • カードでお願いします、と言うと露骨に嫌な顔をされた。
    • ワンメーターの距離だと舌打ち。
    • タバコを吸いながら運転。
    • 意味もなく遠回りされた。

    などなど、あげだしたらキリがありません。

    サービスの良さそうなタクシーを探すときの注意点

    なかなか乗る前にサービスの良し悪しを判断するのは難しいので、結局はめぐり合わせになります。どうしてもサービスの悪いタクシーに当たってしまったときは、きちんと名前を控えておくなどして後でタクシー会社の方にクレームを入れましょう。

    おわりに

    以上が筆者が実践しているサービスの良いタクシー会社を選ぶポイントになります。少しでも参考になる点があれば幸いです。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人