1. 暮らし
    2. 自分で服選び!こどもが片づけやすいこども服の収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自分で服選び!こどもが片づけやすいこども服の収納方法

    筆者宅では、クローゼットの中にオープンラックを置いて服を収納し、こどもに管理させています。そこで、こどもが片づけやすく取出しやすい収納方法をご紹介します。

    こどもが片づけたくなるポイント

    こどもが片づけ&取出しやすいようにざっくり収納をめざします。これが肝心で、大人と違ってこどもはまだまだ成長段階なのでキッチリを求めないことです。

    日々の管理はこどもに任せて、定期的に整理整頓するようにすればこどもなりの収納のアイデアもでてきて自立心も芽生えてくるでしょう。

    また、できたことを日々ほめることも大切です。「お母さん、助かるわ~」などちょっとしたことでこどもの意識も高まります

    収納方法

    オープンラックにたたんだ服を収納します。小物は、かごに入れて棚に置きましょう。この方法だとクローゼットを開ければ、全てが見えるようになっているので一瞬で片付け場所がわかり、また服選びの際もあれこれと引き出しを開けて探すようなこともなく時間の節約にもなります。

    棚に奥行きがある場合は、奥には普段使いのものは置かないようにします。無駄な空間ができてしまうようですが、こどもは奥の方まで管理できません。もし、その空間を利用するならば、ワンサイズ上の衣類などを置くようにするとよいでしょう。

    小物収納

    小物は、かごに収納して棚に置きます。かごは100円ショップで売っているもので十分なのでラックのサイズに合ったものをチョイスするとよいでしょう。

    かごの中は、牛乳パックを仕切りに利用しています。

    仕分け収納

    衣類はたたんでしまうと何かわからなくなってしまうものなので、仕分けて収納します。こどもが小学生になれば学校の授業に合わせて服選びをすることもありますので、その点もふまえて仕分けます。

    • Tシャツ(長袖&半袖)
    • トレーナー
    • ズボン
    • 体操服
    • 学校関係(サブバック、給食袋など)

    筆者は、上記のように仕分けしています。

    ざっくり収納なので、たたんで重ねておいてOKです。

    収納のポイント

    こどもの目の高さに合わせ、使用頻度の高いものは見えやすい段に配置するようにします。ラック上段は、普段使用しない季節ものなどを置くようにすると衣替えの必要もありません。

    季節ものの上段には、ほこりよけの布を一枚かけておくとよいでしょう。

    おわりに

    この方法だと洗濯後の片づけを手伝ってくれるのでとても助かっています。見える化してあるので、こどもは毎日服選びを楽しんでいます。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人