\ フォローしてね /

アルカリ性汚れを落とす「クエン酸」の基本的な使い方

一般的な洗剤や石鹸はアルカリ性、中性洗剤は中性です。アルカリ性の汚れを落とすのには、これらよりも酸性である「クエン酸」を使う方が簡単に落ちます。ここでは、エコで安全なクエン酸の基本的な使い方をご紹介します。

クエン酸が適している汚れ

冒頭で言った「アルカリ性の汚れ」とは具体的に以下のようなものです。

  • 水あか
  • 石鹸カス
  • トイレの黄ばみ
  • 尿の匂い
  • まな板除菌
主に水周りはクエン酸で掃除をするのに向いています。

クエン酸以外にあると便利な道具

  • スプレー容器
  • スポンジ
  • ティッシュペーパーもしくはトイレットペーパー

注意点

油汚れや焦げ付き、湯垢は酸性の汚れなので重曹やアルカリウォッシュの方が向いています。汚れの種類を見極めましょう。

クエン酸の基本的な使い方

クエン酸でシンク洗い!

粉のままのクエン酸をスポンジに適量ふりかけ、シンクをこするとシンクの水垢が綺麗に取れます。

クエン酸で食洗機洗い!

食洗機を使っていると、石鹸カスや水垢で汚れてしまいます。時々はクエン酸でそれらをすっきり除去しましょう。

小さじ3杯を食洗機の洗剤入れに入れ、食器は入れずに運転します。庫内洗浄モードなどがあるならそれを使います。

クエン酸スプレーで除菌!

クエン酸小さじ1杯を、水200mlに溶かしてスプレー容器に入れます。

これをテーブルに吹き付けて拭けば、除菌になります。また、まな板にふりかけても良いでしょう。

クエン酸スプレーで水垢シップ!

蛇口についた頑固な水垢は、ティッシュを巻いて上からクエン酸スプレーをかけ、数時間そのままでシップしておくと、綺麗になります。

ティッシュペーパーをトイレットペーパーに変えて同じことをすると、トイレの取れない黄ばみも落とせます。

おわりに

重曹ほど有名ではありませんが、クエン酸は意外にも水回りの掃除に大活躍してくれるのです。上手に使うことで、安全に綺麗に掃除ができますので、是非活用してみてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。