1. 料理
    2. かんたんチョコレートカクテル『ちょこスキー』の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    かんたんチョコレートカクテル『ちょこスキー』の作り方

    先日、バレンタインデーにどうかと思い、ジェントルマンズショコラを作ってみました。おいしいのですが、お酒の好きな男性には、ちょっと甘すぎると思いました。それにシェイカーを使う手間もかかります。

    そこで簡単にでき、なおかつ多少ドライなチョコレートカクテルを作れないかと、色々と試してみました。面白い味のカクテルができましたので、ご紹介させて頂きます。名付けて、ちょこスキーと申します。

    必要な道具・材料

    • ウイスキー 20ml(3分の1)
    • チョコレートリキュール 20ml(3分の1)
    • ホワイトラム 10ml(6分の1)
    • コアントロー 10ml(6分の1)

    材料について

    • ウイスキーのモルト香は薄れてしまうため、安価なボトルで構いません。今回はカティーサークを使いました。
    • チョコレートリキュールはモーツアルトかゴディバが入手しやすいです。今回はモーツアルトを使いました。ゴディバより少し味が濃くなります。
    • ラムとコアントローを風味付けで使いました。ラムは外しても飲めますが、コアントローのフルーティーな香味はぜひお試しください。
    ホワイトラム以外はミニチュアボトルでお安く揃えられます。マイヤーズのダークラムなら、小瓶を700円程で買えるため、ダークラムでも構いません。

    ちょこスキーの作り方手順

    STEP1:グラスに氷を入れる

    ロックグラスなどの底の広いグラスに、ロックアイスを入れます。ロックアイスは3個くらいがちょうど良いです。

    冷蔵庫のキューブアイスでもOKです。融けやすい氷でも、おいしく飲めます。

    STEP2:材料をグラスに入れる

    グラスにウイスキー、チョコレートリキュール、ラム、コアントローを入れます。

    混ざりやすい材料のため、入れる順番はどれからでも構いません。
    チョコレートリキュールは重い成分が、ビンの底に沈んでいます。使用前にボトルを振って混ぜましょう。

    STEP3:スプーンで混ぜる

    スプーンで掻き混ぜます。スプーンの背をグラスの内側に付けて、円を描くように回すと上手く混ざります。

    完成!

    これで出来上がりです。

    こだわりのポイント

    チョコレートと相性の良い、ウイスキーをベースにするのは決めていました。その他に何を入れるか悩みました。どうせなら、既存のレシピにないカクテルを作ってみたいとも思いました。そこで、ホワイトラムとコアントローを使いました。

    最初はラム20ml、チョコレートリキュール10mlで作ってみました。意外にも、チョコレートリキュールが他のお酒に負けてしまいました。分量を逆にしたところ、おいしく仕上がりました。

    おわりに

    見た目ほど甘くないです。ウイスキーの辛さが口に広がります。コアントローのオレンジに、チョコレートリキュールのカカオの香りがけっこうマッチします。それぞれの個性の強さを、ラムの柔らかな甘さが包みます。

    氷が融けてくるとココアのような味になり、お酒が弱い方もマイペースで飲めると思います。カンタンに作れますのでお試しください。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人