\ フォローしてね /

縁日では欠かせない!新潟の絶品ご当地スイーツ「ぽっぽ焼き」

皆さん、「ぽっぽ焼き」ってご存じですか?新潟と言えば「お米」を思い浮かべる方が多いと思いますが、新潟人なら誰もが知っているソウルフードがあるんです。

それが「ぽっぽ焼き」。今回は、新潟県出身の筆者がその美味しさと魅力を熱〜く語らせていただきたいと思います。

そもそも「ぽっぽ焼き」って何?

小麦粉に黒砂糖と水、炭酸、ミョウバンを加えて細長い専用の方で焼き上げたお菓子のことです。新潟の縁日では必ず屋台が出て、食べ歩きフードの定番となっています。

屋台でぽっぽ焼きをお土産に買って、一本二本とつまみながら帰ると、家に着く頃にはなくなっていた…なんてこともよくあります。それほどついつい手が伸びる美味しさなのです!

どこで食べられるの?

昔は屋台でしか食べられなかったのですが、最近は専門店ができて年中食べられます。

代表的なところでは、万代バスセンター前にある「あやめぽっぽ」が有名です。お取り寄せで手軽に味わいたい方には通販の「こまち屋」さんもおすすめですよ。

ぽっぽ焼きは常設店がほとんどないのでどうしても食べたい!という場合は「あやめぽっぽ」へ行くかお取り寄せが確実です。

こんな味です

味はシンプルで懐かしい味。もちもちとした食感に、黒砂糖の香りと優しい甘さが広がり何本でも食べられます。味的には沖縄の「ちんぴん」に近いです。

先ほどご紹介した「あやめぽっぽ(万代店)」は万代橋に近いので、ぽっぽ焼きを買ってから万代橋をゆっくり渡って古町までぶらぶら食べ歩き。というのも楽しいですよ。

おわりに

ぽっぽ焼きは冷めるとすぐにペシャンとしぼんでしまいます。

せっかくのフワフワ感を楽しむためにも食べきれる分だけ買うのがオススメです。

ただ、オーブントースターで温めればフワフワ感が復活しますが、やはり出来立てにはかないません。その日のうちに食べきってしまいましょう。とはいえ美味しすぎてたいていは残りませんのでご安心ください…!

新潟県民が自信をもっておすすめするお菓子です。うんめぇすけいっぺん食べてくんなせ〜。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。