1. 暮らし
    2. トイレに行くついでに!トイレ掃除の3つの時短テクニック

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    トイレに行くついでに!トイレ掃除の3つの時短テクニック

    トイレは毎日必ず利用する場所。また、お客様にお貸しする機会も多い場所なので、いつも綺麗にしておきたいですね。こちらでは、トイレ掃除の3つの時短テクニックをご紹介します。

    用を足している時に、窓や壁などをチェックして、汚れてるようならすぐ拭きましょう。トイレットペーパー、トイレブラシなどすぐに手に取れる位置にあるものを活用し、洗剤やクエン酸スプレーはトイレの棚の上に置いておきましょう。

    1:洗剤をつけたトイレットペーパーで便座裏を拭く

    トイレに入ったついでに、汚れやすい便座裏を拭きましょう。トイレットペーパーを何重かに重ねて折り、トイレ用洗剤を少しだけふりかけます。それでくるりと拭くだけで、便座裏の汚れが取れます。

    洗剤は、少量だけつけましょう。あまりつけるとペーパーがボロボロになります。

    2:乾いたトイレットペーパーでホコリ取り

    トイレのスイッチや棚には少しずつホコリがたまります。これは、乾いたトイレットペーパーで軽く拭くだけで取ることができます。

    3:黄ばみには、寝ている間のクエン酸パック

    STEP1:クエン酸水を作る

    まず、水200mlに小さじ1杯のクエン酸を溶かし、できた溶液をスプレー容器に入れます。

    STEP2:トイレットペーパーとクエン酸水で汚れをパック

    トイレットペーパーを黄ばみが落ちない箇所に巻き、その上からクエン酸スプレーをかけてパックします。

    STEP3:一晩おいて擦る

    一晩おき、次の日ブラシなどで軽くこするだけで黄ばみが取れます。

    クエン酸スプレーは、便器の中にスプレーして洗剤代わりに使用することもできます。

    掃除の頻度

    トイレに行くたびチェックして、ちょこちょこ綺麗にするのがベストです。頻度でいえば、1日数回ということになります。上にあげたテクは、どれも1分かかりません。クエン酸パックも、こする時間は10秒程度で綺麗になります。

    上記とは別に1日1回、床や棚のホコリを取りましょう。特に拭き掃除をしておくとホコリが浮きにくくなります。

    おわりに

    いかがでしょうか。とにかくコツはトイレに行ったついでにすることです。また、トイレにもともとある道具を使うことで、気負いなく掃除ができますので試してみてくださいね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人