\ フォローしてね /

ペーパードリップコーヒーのちょっとこだわりのある淹れ方

コーヒーの淹れ方って、人それぞれ好みの淹れ方があります。筆者の淹れ方は、美味しい淹れ方を見つけたら、ポイントだけ教えてもらっていた淹れ方を合作しながら、筆者がおいしいと感じる組み合わせになったちょっとこだわりのある淹れ方になります。

コーヒーの香りが部屋に漂う様な、淹れ方をご紹介したいと思います。

用意するもの

道具

  • マグカップ(200cc入る大きさ)
  • シリコンふた
  • セラミックドリッパー(1~2人用)
  • コーヒーフィルター(1~2人用)
  • 計量カップ(80ccまたは、200cc用)
  • コーヒー専用スプーン(10g計量用)
コーヒー専用スプーンがない場合は、計量スプーンまたは、カレー用スプーンで代用できます。シリコンふたがない時は、ドリッパーよりも一回り大きいくらいのお皿で代用ができます。

筆者が使用しているマグカップは、ドリッパーをマグカップに直接乗せて淹れるものを使用しています。

材料

  • コーヒー 15g
  • お湯 250cc (お湯を沸かす時は、多めに沸かしてください。)

コーヒーの量の目安

  • コーヒー専用スプーン:11/2
  • カレー用スプーン:3杯(大きさにもよりますので、調整が必要です。)
  • 計量スプーン:大さじ3

お湯の準備

お湯は、ぐらぐらと沸騰させてから、火を止めておいてください。その間に、コーヒーフィルターなどの準備をします。

ぐらぐら沸かしたら、いったん火を止めて少し時間を置くと、お湯の温度が下がります。これが、コーヒーを入れる時の適温になります。

コーヒーフィルターの準備

STEP1:

コーヒーフィルターを準備します。

STEP2:

下記の写真のように、下を折りあげます。

その時、網目の部分から1mmくらい上に折りあげてください。

STEP3:

網目横を1mm中へ折りあげます。(完成)

折りあげてフィルターは、ドリッパーに設置します。

コーヒーの蒸し方

STEP1:コーヒーの粉を入れる

コーヒーを分量通りいれてください。入れたら、ドリッパーを左右にゆすり、コーヒーを平らにします。

STEP2:マグカップを温める

お湯は、沸かしたてを入れてもらえば、少量でも全体にカップは温まります。お湯を入れたら、ドリッパーを上に乗せます。

STEP3:計量スプーン50㏄お湯を入れます

STEP4:ドリッパーにお湯を注ぎます

お湯は、上記の写真のように、できるだけむらなくかけてください。

下記のように、お湯がしっかり全体にかかっていなくても、コーヒーは抽出できますが、上の状態に比べて香りと、味が気持ち薄い感じがします。

自信がない方は、量をあまり気にせずにたっぷりのお湯をかけてください。

STEP4:お湯を掛けたらシリコンの蓋をドリッパーの上に乗せます

蒸し時間は、20秒です。

この時、コーヒー豆を蒸すことによって、豆が水分を吸って膨らみます。こうすることで、コーヒーのうま味と、香りが次のお湯を入れた時に、抽出されることになります。

もし、蒸さずに入れた場合、コーヒーの粉が水分を十分に吸収しない内に、マグカップいっぱいになってしまいます。

STEP5:蒸し時間が終わったら、マグカップの中のお湯を捨ててください

コーヒーの淹れ方

STEP1:ゆっくりとお湯を注ぎます

コーヒーにお湯を、ゆっくりと外側から内側へ円を描くようにお湯を注いでみてください。

十分、水分を吸った豆は、次のお湯を入れた時に、きめ細かい泡が上に浮かんできます。(泡=アク)

STEP2:しっかりとお湯が落ちるのを待ちます

分量のお湯を入れたら、苦味とか渋みが好みの方は、しっかりとお湯が落ちるまで待ちましょう。

苦手な方は、豆に泡が残っている状態でカップからドリッパーを外しましょう。(写真のような状態の時に外してください。)

STEP3:ドリッパーを外しましょう

完成です。

お好みで、ミルクを入れたりしてお飲みください。

おまけ

最近は、ご紹介していた道具の他に、ミルクウォーマー、フレーバーシロップなどが手に入りやすくなっています。もし、どちらか持っていたら、自宅でカフェ気分を味わってみませんか?

ミルクウォーマー

牛乳や豆乳等を、一肌に温めてから泡立てます。出来上がりのタイミングは、コーヒーが落とし終えるころには準備ができていることが望ましいです。

  • カプチーノ

上にかけてある茶色い粉は、シナモンパウダーになります。また、甘くしておいてから泡立ててもおいしいですよ。

シナモンの他に、チョコレート(ケーキ用のチョコを溶かして使います)、はちみつなどがお勧めです。

フレーバーシロップ

色んな種類のシロップがありますので、お好みでお使いください。

(キャラメル、アーモンド、アイリッシュ、バニラなど)

シロップを使うタイミングは、コーヒーが蒸し終わってから直接まめに小さじ1かけてからお湯を注いでください。

もちろん、カップに入れておいた上に、コーヒーを注ぐやり方もありますが、ほんのりかおる程度が一番おいしいと筆者は感じているので、この淹れ方をお勧めします。

ミルクウォーマーとシロップ両方持っている方は、ミルクウォーマーで泡立てる前に、シロップを入れて泡立てて使うのもお勧めです。

おわりに

ここでご紹介した淹れ方は、沢山ある淹れ方の1つです。最初は真似をしながらコーヒーを入れていても、だんだん自分に合わせたコーヒーの淹れ方に変わっていきます。

変わっていく過程を楽しみながら、コーヒーを楽しんでもらえたらと思います。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。