1. コミュニケーション
    2. 知っておくと便利!マレーシアのローカルレストランや屋台で役立つマレー語

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    知っておくと便利!マレーシアのローカルレストランや屋台で役立つマレー語

    大体は英語でOK

    多くの民族が集まっているマレーシア。公用語はマレー語ですが,ほとんどの人が英語も話せます。著者は現在マレーシア在住ですが,マレー語はほとんど話せません。ですが,ホテルやレストラン,ショッピングセンター,スーパー,タクシーなど,多くの場所で英語が話されていますから,マレー語が分からなくて困ったということはほとんどありません。旅行者のみなさんも簡単な英語が分かれば十分だと思います。

    ローカルなお店では…

    しかし,少し戸惑ってしまうのが,地元の人たちが集まるローカルなレストランや屋台。もちろん注文は英語でも通じますし,メニューを指させば問題ありません。ただ,問題なのはそのメニューがどんな料理なのか分からないこと。マレーシアの屋台などのメニューには写真が載っていないこともよくありますから,食べたいものを食べるためには,料理に関するマレー語の単語を覚えておくことは必須です。

    今日は,「せっかくの旅行だからローカルレストランや屋台で現地の雰囲気を味わいたい」という方のために,レストランで役立つマレー語をご紹介したいと思います。

    マレーシアで使われる言語の特徴

    表記はアルファベット

    マレーシアで使われる文字はアルファベットです。料理の名前や地名など馴染みがない単語でも,書いてあるとおりにローマ字読みをすればだいたい通じます。

    英語のように流暢に発音すると通じません。日本語のカタカナのように一文字ずつはっきりと発音したほうが通じます。自分も相手も英語が母国語ではありませんから,発音や文法などは気にせず,ゆっくりはっきりと話すのが通じるコツのようです。

    使われるのはイギリス英語

    もともとはイギリスの植民地だったので,使われるのはイギリス英語です。

    日ごろよく聞くアメリカ英語との違いは,カフェやファストフードで使う「お持ち帰り」の表現。日本は「テイクアウト」と言いますが,マレーシアでは「テイクアウェイ」です。

    お店に行くと 「Having here ? or Take away?」(お召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?)と聞かれます。

    怒っているの?独特の表現

    語尾に独特の表現をつける習慣があるようです。例えば,「OK」+「Lah」のように語尾に「ラ」をつける習慣。タクシーの運転手さんに「〇〇ホテルまで」というと,「オッケーラー」という返事が返ってきます。

    また疑問形の単語や文には「Aah?」とか「Yah?」などをつける人が多くいます。「〇〇ホテルまで」と筆者が言って運転手さんが確認のため聞き返してくるときなど「〇〇ホテル,アァ?」と少ししかめ面で言われます。一見,怒られているような感じに聞こえますが,これはあくまで習慣です。

    レストランで必要な単語

    ここで,レストランや屋台でよく見かけるマレー語の単語をご紹介しておきます。

    • Nasi ナシ (ご飯) 
    • Mee ミー(麺)  
    • Roti ロティ(パン)   
    • Ikan イカン(魚)   
    • Ayam アヤム(鶏肉)  
    • Ketam クタム(かに)
    • Sotong ソトン(いか)
    • Telur テロー(卵)
    • Lemak レマッ(脂) 
    • Kuah クエ(ケーキ・お菓子)
    • Pisan ピサン(バナナ)
    • Kacang カチャン(豆)
    • Kopi コピ( コーヒー)
    • Teh テー(紅茶)
    • Goreng ゴレン(炒める・揚げる)
    • Pongteh ポンテ(煮込み)
    • Kukus ククス(蒸す)

    以上の単語をメモしておけば,だいたいどのようなメニューなのか想像することができます。

    使用例

    マレーシアの料理といえば,「ナシ・ゴレン」や「ミー・ゴレン」が有名ですが,

    • 「Nasi ナシ=ごはん」
    • 「Mee ミー=麺」
    • 「Goreng ゴレン=炒める,揚げる」

    という意味ですから,「ナシ・ゴレン」は「炒めたご飯」(チャーハンのようなもの),「ミー・ゴレン」は「炒めた麺」(焼きそばのようなもの)ということになります。

    では,「アヤム・ゴレン」とは何でしょうか?これは「揚げた鶏肉」=フライドチキンのことです。同様に「イカン・ゴレン」は白身魚のフライ(魚一匹まるごと)です。

    そのほかに,日本人にはあまり馴染みはありませんが,「Nashi Lemak」(ナシ・レマッ)というものもよく見られます。レマッは脂のことですが,ここではココナッツミルクのこと。つまり,「ココナッツミルクで炊いたご飯」のことです。ナシ・レマッを注文すると,通常ピリ辛のソースとゆで卵,炒った小魚などが一緒に出てきます。

    例えば次の写真のように,ナシ・レマッと鶏肉が食べたい場合は,「ナシ・レマッ・アヤム」と注文するといいですよ。

    その他,マレーシアで有名な料理は

    • 「Satay サテー =マレー風串焼き」
    • 「Laksa ラクサ =ココナッツミルクベースのヌードル」

    などです。覚えておくと注文がスムーズにいくと思います。

    食べ物の注文以外で役立つフレーズ

    飲み物を注文したいとき

    さきほど,Kopi(コーヒー)とTeh(紅茶)という単語をご紹介しましたが,このコーヒーと紅茶は砂糖とコンデンスミルクが入ったとってもあま~い飲み物です。以下のフレーズは飲み物を注文するときに役立ちますよ。

    ・~オ =コンデンスミルク抜き
     例)Kopi-O コピオ(コンデンスミルク抜き砂糖入りコーヒー)

    ・~オ コソン=何も入れない,ブラック
     例)Kopi-O Kosong  コピオ コソン(ブラックコーヒー)

    ・クランマニス=甘さ控えめ
     例)Kopi Ais Kurang manis コピ アイス クランマニス (甘さ控えめコンデンスミルクと砂糖入りアイスコーヒー)

    氷をいれてほしくないとき

    マレーシアでは水道水は飲まないほうが良いと言われています。しかし,屋台などの飲み物に入っている氷は水道水で作られていることがほとんどです。氷を入れて欲しくない場合は,

    「Tak nak air batu タッ・ナッ・アイー・バトゥ(氷は入れないでください)」

    と言ってみましょう。しかし,アイスコーヒーなどはホットに氷を入れて冷やしたものが出てきますので,氷なしはできないと思います。

    お会計をしたいとき

    お会計をしたいときは,「bill(ビル)(明細書をください)」や「berapa?(ブラパッ)(いくらですか?)」と言いながら,手でサインを書くようなジェスチャーをすると店員さんがテーブルまで明細を持ってきてくれます。

    おわりに

    マレーシアの人々はとっても気さくな人たちです。日本人の旅行客や住んでいる人のために,あいさつ程度の日本語を覚えてくれている人たちがたくさんいます。もし,日本語であいさつされたら,日本語であいさつを返すと喜ばれると思いますよ。

    (photo by 足成)
    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人