\ フォローしてね /

雨の日の室内干しで生乾きのニオイをできるだけ防ぐ3つのポイント

雨の日が続くと、洗濯物を部屋干ししなければいけませんが、何ともいえない生乾きのニオイは嫌なものです。

少しでもニオイを軽減するためにできる3つのポイントをまとめました。

干すのに必要な道具

  • ピンチハンガー

ピンチハンガーを使うと、大きなバスタオルから靴下のような小物、型くずれしにくいシャツなども干すことができるので、室内干しにおすすめです。

干し方のポイント

1:洗濯機の乾燥機能を使う

部屋干しをする時は、洗濯機の乾燥機能を使い、少しでも洗濯物から水分を抜いた状態で干すようにしましょう。洗濯物に水分が多く残っていると、なかなか乾かず生乾きになってしまうからです。

時間や洋服の傷みなどが気になる方は、乾燥時間を短くするか、写真のように部屋干し用に特化した乾燥コースを選ぶようおすすめします。

2:エアコンを利用する

エアコンのある部屋に洗濯物を干し、夏なら冷房やドライ、冬なら暖房を使うことで、部屋の空気を乾燥させて生乾きのニオイを緩和することができます。

同時に、部屋の空気が乾燥し過ぎることを洗濯物が防いでくれるので一石二鳥です。
夏場は扇風機やサーキュレーターも併用すれば、空気が動いて洗濯物が乾きやすく、ニオイを防ぎやすくなるでしょう。

3:洗濯物同士をくっつけない

干し方のポイントは、洗濯物同士をくっつけず、離すように干すことです。写真のように、ピンチハンガーの全ての洗濯バサミに洗濯物を干すのではなく、できるだけ間隔をあけて干します。

たくさん洗濯物があってあまり間隔があけられない場合は、タオルの間に靴下やハンカチなどの小物を干すようにすれば、洗濯物同士がくっついてしまわずに済みます。

密集して干すと、当然乾きにくいので、生乾きのニオイが発生しやすくなってしまいますので注意しましょう。

おわりに

いかがでしょうか。どれも簡単に実行できるポイントばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。