\ フォローしてね /

台湾のおすすめグルメ!激ウマ麺線

台湾といったら何と言っても麺線、絶品の味です。台北に行くたびに毎回食べ、次も必ずこのために台湾へ行きたいと思う味です。

今回は、なぜ日本で食べられないのかと思うくらい美味しい台湾料理麺線をご紹介します。

台湾の渡航歴

著者は、主人が台湾に勤務していたこともあり、台北には3回訪れたことがあります。

激ウマ麺線

麺線って?

麺線とは、トロトロ熱々のかつお風味のスープにそうめんのような短い麺が入っている料理で、牡蠣やホルモン(大腸)が入っているのが一般的です。

阿宗麺線

超有名店で、台北の渋谷とも呼ばれる西門にあり、夜中まで営業しています。いつも並んでいますが、回転も早く、すぐ食べられます。日本語もOKなのがポイントです。

写真は小で50元くらい、とても安かった気がします。そのままでも絶品ですが、レジの向かいに置いてある数種類のタレを入れるとさらに深い味わいになります。

日本にはないくらい辛いタレには注意が必要です。

寧夏夜市の麺線

台北・寧夏夜市の屋台で牡蠣麺線を食べました。にんにくがとても効いていて、辛いくらいでしたが、コクがあり美味しかったです。こちらも60元くらいで、安価でした。

麺線以外にも、臭豆腐など台湾らしいメニューが充実していましたよ。

おみやげにオススメ!インスタント麺線

台北のカルフールに売っていた、自宅で作れるインスタント麺線を買って日本で作って食べてみました。

牡蠣と豚モツ、パクチーを入れてみましたが、全く同じ味を再現でき、驚きました。しかし、台湾のあの空気の下で食べるのと、自宅で食べるのとでは、やはり少し違いを感じました。

1袋でたくさんの量ができるので注意が必要です。

おわりに

台湾グルメとして有名な麺線は、日本ではなかなか食べられる機会がないので、台湾に行かれた際は是非お試しください!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。