\ フォローしてね /

餃子の皮で作る!ブロッコリーと鮭のプチキッシュの作り方

パイ生地の代わりに餃子の皮を使った、ブロッコリーと鮭のプチキッシュの作り方を紹介します。

餃子の皮で手軽にできて、見た目もかわいらしいので子どもにも喜んで食べてもらえますよ。

材料(6個分)

  • ブロッコリー・・・1/6株
  • ミニトマト・・・3個
  • 鮭フレーク・・・小さじ2
  • とろけるチーズ・・・1枚
  • 餃子の皮・・・6枚
  • 卵・・・1個
  • 生クリーム・・・大さじ2
  • 牛乳・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々

用意するもの

  • シリコンカップ・・・6個

作り方(調理時間:30分)

STEP1:シリコンカップに餃子の皮を敷く

シリコンカップに餃子の皮を敷きます。

STEP2:ブロッコリーを切り、電子レンジで温める

ブロッコリーをシリコンカップに入るように小さく切ります。

耐熱容器に入れラップをかけて、電子レンジで温めます。(800Wで1分)

STEP3:カップに具材を入れる

餃子の皮を敷いたカップに、ブロッコリー・鮭フレーク・チーズを6等分にして入れます。

STEP4:卵液を作る

卵・生クリーム・牛乳を入れて混ぜ、塩こしょうで味をつけます。

具材の鮭フレークに塩味がついているので、塩こしょうは少なめに入れてください。

STEP5:カップに卵液を入れる

具材を入れたカップに、卵液を8分目まで入れ、半分に切ったミニトマトを上に乗せます。

STEP6:200度のオーブンで焼く

200度のオーブンで、20分焼きます。表面に焼き色がつくまで焼いてください。

予熱なしでOKです。

完成!

焼いたあとは、餃子の皮がパリッとした器になっており、シリコンカップから簡単に取り出せます。

さいごに

見た目がとってもかわいいので、パーティーのときやお弁当にもおすすめです。

ベーコンやほうれん草など、他の具材でもアレンジできますよ。ぜひ、お試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。