1. 趣味
    2. 自分に合うハムスターの選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自分に合うハムスターの選び方

    あなたの生活スタイルでハムスターを選びましょう

    あなたは1日どのように過ごしていますか。ハムスターの種類も様々で、性格も、種類によって異なります。あなたのライフスタイルにあったハムスターの選び方を紹介します。

    ハムスターは主に夜行性です。

    夜活動し、昼間は寝ています。人間は昼活動して夜は寝ているのでハムスターが元気に走り回る姿をなかなか見ることができないかもしれません。それでもハムスターを飼う時、参照してみてください。

    ゴールデンハムスター

    とても飼いやすく、よく人に慣れる

    ハムスターの中で大きな種類で、性格はとても穏やかです。人にもよくなれてくれますので一番飼いやすい人気のハムスターでもあります。

    寂しがりやでハムスターにかまってもらいたい人は絶対ゴールデンハムスターです。昼間は寝ていることが多いですが、起こしたら、かまってくれます。

    色の種類が豊富

    身体は大きくても色は様々。毛の長さも短い種類と長い種類とでバリエーションが豊富なのも特徴です。自分だけのハムスターと出逢えることでしょう。

    1匹飼いが基本

    1匹で飼うのが基本ですが、穏やかな性格でもあり、数匹で飼っても仲好くやっていくことができます。喧嘩をする場合はやはり分けてあげなければいけませんが、喧嘩をしなければ仲良くだんごのようになって寝ています。

    ジャンガリアンハムスター

    小柄なハムスターで人にも慣れる

    ちょっと臆病ですが、時間をかけてあげると人にも慣れてきます。ですが、性格はゴールデンに比べるとちょっとかいづらいかもしれません。色の種類はゴールデンほどありませんが、小さくて丸っこいのでとても愛らしいものです。

    1匹でしか飼えない

    赤ちゃんのころは仲良く出来ても大人になると自己主張します。喧嘩をしたらもう一緒に飼うことはできません。何匹も飼いたいという場合は違うハムスターにしましょう。

    何匹かを一緒に飼いたい場合はメス同士で飼いましょう。オス同士では必ず喧嘩をします。怪我をしてしまうので避けましょう。そしてオスとメスを一緒に飼うとものすごい勢いで増えますので注意が必要です。

    あまりかまってやれなくても大丈夫

    人にもよくなれますが、放置していると一匹の世界を作ります。そうするとなかなか仲良くなるのは難しいものです。ですが、かまってやれなくても餌と水と掃除をきちんとしてあげればきちんと生きてくれます。

    ロボロフスキーハムスター

    とても臆病

    性格がとても臆病で動きがすばやく、手にとって遊んだりなどはまずできません。主に観賞用のハムスターです。とても小柄で、大きくなっても5cm程度。あまりかまうことができない人にオススメです。

    身体が小さいので餌の消費が少ない

    大型ハムスターに比べると食べる量もかなり少なく餌の消費も少なく飼えます。手で餌をあげたりとかはまずできないので、餌を入れて食べるのと見て楽しむという感覚で飼いましょう。

    何匹でも飼える

    基本的には1匹で飼うものですが、何匹でも一緒に飼うことができます。滑車を入れてあげると一緒に回ったり、その中で一緒に寝ていたりします。夜型の方で、ゆっくりハムスターの動きを見て楽しみたい人には見てて飽きないでしょう。

    ハムスターの寿命は短く2-3年で死んでしまいます。せっかく仲良くなれたハムスターでも寿命は必ずやってきます。ペットを飼う時、大事なのは、飼いたいから飼うのではなくきちんと、責任を持つことです。

    つがいで飼って増えてしまってどうしようもできなくて公園に放したりなどは絶対にやめましょう。つがいで飼うと必ず増えますので、責任を持って最後まで飼えるかを考えてから飼いましょう。

    Twitterで紹介!

    (image by amanaimages)
    (image by shu / PIXTA(ピクスタ))
    (image by むぎもち / PIXTA(ピクスタ))
    (image by Oguri 201 / PIXTA(ピクスタ))
    (image by monogocoro / PIXTA(ピクスタ))

    このライフレシピを書いた人