\ フォローしてね /

捨てる前のアレでピカピカ!ベトベトになった換気扇の羽根をきれいにする方法

このライフレシピのもくじたたむ

油まみれの換気扇の羽根を掃除っていやですよね。筆者も明日明日と先延ばしにし、結局年末の大掃除の時にしぶしぶ取りかかる…という生活をしてきたのですが、あるとき、捨てる予定の小麦粉を使って簡単に羽根を奇麗にできる方法を思いつきました。

それからというものの、2ヶ月に1度の頻度で掃除をするようになりました。今回は、その方法をご紹介したいと思います。

用意するもの

  • 小麦粉(古いものでもOK!)
  • ゴム手袋
  • 新聞紙
  • 排水溝用のネット

小麦粉を使った換気扇掃除の方法

STEP1:下準備をする

小麦粉をスプーンと一緒にお皿に入れておきます。排水溝にはあらかじめネットを張っておきましょう。シンクにも新聞紙を敷いておきます。

下準備ができたら換気扇をはずし、新聞紙の上へ置き、上から小麦粉をまんべんなくふりかけます。

STEP2:小麦粉で汚れを落とす

両手にゴム手袋をはめ、あかすりの要領で羽根部分をこすります。すると小麦粉が油と汚れをすって粘土状に固まり、ポロポロと落ちていきます。小麦粉が足りないと思ったら、お皿に用意しておいたものを足しましょう。

汚れ部分は目視で確認できるので、すっかり汚れが落ちれば完了です。

STEP3:洗い流す

新聞紙を折りたたみゴミ箱へ捨てます。羽根は軽く水洗いしますが、その時にシンクに散らばった小麦粉も一緒に洗い流してしまいましょう。

最後に排水ネットを処分し、羽根を元通り換気扇に装着すれば完了です。

注意点

掃除を始めるときの、排水溝へのネットを張り忘れには十分気をつけて下さい。張り忘れてしまうと、つまりの原因となる可能性があるので、この方法で掃除をする際には必ずチェックをしましょう。

おわりに

筆者は料理で小麦粉をあまり使わないので、賞味期限がすぐにすぎてしまい、以前からもったいなく感じていました。

今回紹介した方法は、使用する小麦粉の量も少なく簡単で後始末も楽なので、「少し汚れたかな」と思ったらぜひお試しくださいね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。