\ フォローしてね /

起承転結を知って文章のレベルを上げる方法

小論文は高校や大学の受験や大学の定期試験、就職の採用試験などで出されることが多い問題です。作文と似た感じがしますが実はまったく違うものなので、学生はもちろん、社会人でも苦しむ方は多いのではないでしょうか。そんな小論文の基礎の基礎となるのが「起承転結」です。この起承転結のルールにしたがった書き方ができれば文章力のレベルは格段にアップします!もちろん、経験を積めばさらに上手になっていきます。今回は起承転結のコツを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
このライフレシピのもくじたたむ

文章を書く上で基盤となってくる起承転結、そのルールに沿って文章を書いていくことができれば文章のレベルが上がっていきます。

しっかりとした文章を書きたいと思っている人のために、「起承転結」に沿った書き方と例文を紹介していきます。

小論文に関するさらなるハウツーはこちらをチェック!
小論文のハウツーまとめ

起承転結のコツ

まず始めの「起」ですが、これは書く文章のテーマ(小論文や感想文)に対しての自分の意見を書きます。

小論文ならテーマとなっている文章の著者の意見に対してYESかNOか、感想文なら自分の思ったこと(感動した、面白かった)などを簡単に書きましょう。

次に「承」です。

これはテーマとなっている物に対しての自分なりの解釈や要約のようなものを書いていくのがいいです。

小論文ならば「著者の述べてい…」といった感じで始めて文章の重要箇所の要約を、感想文ならばテーマとなっている物の大まかな内容などを書いていきましょう。

「転」では自分が「承」で書いたことに対しての自分がどう思ったのか、そしてそう思った理由を詳しく書いていきます。

小論文であればここで著者の意見に対しての自分のYES/NOの意見やその明確な理由などを、著者の意見と混ぜて書いていければよいでしょう。

最後の「結」では、「起」で述べた自分の感想に少し戻り「『承』、『転』でこう思ったことにより自分は『起』のように思った。」といった風にまとめることができればベストです。

最後に

最後に注意をしなければならないことがあります。

それは起承転結の順番をバラバラにすることなく、起、承、転、結を順番に書いていくことです。

起承転結を混ぜることなく順番に書いていくことができるようになってくれば自然と質の高い文章になっていくはずです。

おわりに

起承転結をしっかりとさせて四つの文章で構成された作文や小論文は読み手にとって読みやすくなっています。

この順番をしっかりと守って文章を書いていけば高評価が得られる可能性が高くなると思われます。

(image by http://www.ashinari.com/2009/07/26-025301.php?category=31

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。