\ フォローしてね /

子ども用ヘアゴムをすっきり収納!100均アイテムで収納するコツ

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

子どものヘアゴムはプチプライスで手が出やすく、ついつい増えてしまいがち。全てをまとめて入れると見づらく、そのうえゴム同士が絡まってしまって朝の忙しい時間にイライラすることよくありませんか?

100均のアイテムを使って、すっきりとヘアゴムを収納できたら朝の子どもの身支度もスムーズに進みます。筆者の例を下記に紹介します。

100均の収納アイテムを使用している場所

テレビ台の下の隙間に子どものヘアゴム一式をまとめて収納しています。まだ子どもが小さいので、朝の身支度はリビングでしています。大抵テレビを見ながら着替えを済ませ、髪を結びます。

そのため、子どものヘアゴム一式は洗面所にはおかずリビングに収納したいと思い、このテレビ台の隙間を活用しました。

収納に使用している100均アイテムの紹介・個数・総額

  • 仕切りケース(仕切り部分が固定されているタイプのもの)×2個
  • 書類トレイ×1個
  • 小物トレイ(ドット)×1個

計4個で総額420円です。

収納アイデア

小さい仕切りにはヘアゴムを収納。大きめの仕切り部分には、ヘアピンやリップクリーム、くし、ブレスレットなどを収納しています。一目瞭然なので子どもが選びやすく取り出しやすいです。

また、ついつい増えがちなヘアゴムですが、これに入る量のみと決めることで無駄に増えることもなくなりますした。

かさ張るヘアゴムやサングラス、カチューシャなどは書類トレイに収納します。置き場所を決めておくことで、身支度の時はもちろん、片付けも子ども自身ですることができます。

収納のポイント

子ども自身でできるように、見やすく取り出しやすく片付けやすいというのがポイントです。また、収納場所を朝の身支度をする場所にしたことで、バタバタすることなく一箇所で落ち着いて身支度できるようになりました。

100均アイテムを使用するメリット

大きい書類トレイの中に小さなトレイを組み合わせたり、値段を気にせずに自分自身で好きにカスタマイズできるのは100均の魅力です。

プチプライスで自分用にカスタマイズし、家をすっきりと片付けられるのが最大のメリットだと思います。

100均アイテムの収納での注意点

100均と一口に言ってもお店は色々あります。お店によって、デザインや色、大きさや形もちょっとずつ違います。

必要な大きさや形の物が近所のお店になくても諦めず、別のお店にも足を運んでみてください。

何軒も回る内に、自分の好みのものを置いている100均ショップに出会えると思います。

おわりに

気軽に手に取り買うことのできる100均アイテムで、家がすっきりと片付いたら嬉しいですよね。みなさんもぜひ自分なりの100均アイテム活用術を見つけてみてくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。