\ フォローしてね /

牛乳からつくる自家製ヨーグルトの作り方

市販のヨーグルトと牛乳、そしてヨーグルトメーカーを使った、自家製ヨーグルトの作り方をご紹介します!

材料(4人分)

  • 種となる市販のヨーグルト大さじ5
  • 牛乳
  • ヨーグルトメーカー

このヨーグルトメーカーはヒーターがついていて牛乳パックに巻いてコンセントを入れるだけでヨーグルトを作る最適な温度にキープしてくれます。

キッチン雑貨屋さんで1500円くらいで売っているすぐれものです。

筆者はパルシステム(生協)で購入しましたが、牛乳パックで作れるヨーグルトメーカーは様々なタイプが通信販売で購入できます。

ヨーグルトメーカーを使った作り方(調理時間:6時間)

1Lの牛乳パックをコップ一杯減らして、そこに種となる市販のヨーグルトを大さじ5杯入れます。

ヨーグルトメーカーを巻いて放置

ヨーグルトメーカーを牛乳パックに巻いてコンセントを入れます。倒れにくい場所に置いて6時間から8時間ほど待ちます。

時々かき混ぜてヨーグルトの出来具合をチェックします。

出来上がり

フレッシュな自家製ヨーグルトの出来上がりです。

ヨーグルトのメーカーによって牛乳がなかなか固まりにくい場合がありますので、いろいろなメーカーで試してみることをおすすめします。

この方法のメリット

この作り方の最大のメリットは牛乳パック自体がヨーグルトを作る容器になるので汚れ物を出さないところです。気軽に手作りヨーグルトを楽しむことができます。

ヨーグルトメーカーを使用しない作り方(調理時間:8時間)

ヨーグルトメーカーがなくてもおいしいヨーグルトがつくれます。

その場合には熱湯で消毒した耐熱容器に牛乳を移し、レンジで40度くらいに温めます。500wで30秒ほどです。

暖めた牛乳を容器ごとタオルやフリース生地などに包み、さらに発泡スチロールの容器に入れて冷蔵庫の上などに置いて温度をキープすればヨーグルトメーカーと同じ効果を得ることができます。

是非皆さんも自家製ヨーグルトを作ってみてはいかがでしょうか。

(photo by Presen Pic)

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。