\ フォローしてね /

アメフトの反則(ディフェンス編)

アメフトを見に行くと反則がよくわからないということがよくあると思います。

基本的に反則はその反則をすることによる危険度で罰退の距離が大きくなり、その距離は5ヤード、10ヤード、15ヤードとなります。

また、反則が起きた場合には審判がイエローフラッグというそのまんまですが黄色い旗が飛んできます。これがあると反則が起きたということなのでみんなが審判に集中します。

今回はその中でもディフェンス(守備)でよく出てくる反則について説明致します。

アメフトの基本的なルールを知りたい方は5分でわかるアメフト講座もご覧下さいね

ボールがスナップされるまで相手に触ったりニュートラルゾーンに入ってはいけません

オフサイドと言います。罰退は5ヤード。

ニュートラルゾーンとはボールが置かれているところからサイドラインまでをつなぐ仮想のゾーン。つまりボールがスナップされる前にそのゾーンに入り込んだりオフェンスの選手に触れてしまうと反則になります。

パスを捕ろうとしているワイドレシーバーを邪魔してはいけません。

パス・インターフェアランス。罰退は15ヤードとオフェンス側に自動的にファーストダウン(新しい攻撃権)が与えられます。

ボールがQBから投げられたときにディフェンスがボールではなくオフェンスの選手に対して接触すると反則となります。

パスを投げ終わった後のQBをタックルしてはいけません

ラフィング・ザ・パッサー。罰退は15ヤード。

パスを投げ終わったと明らかに分かるタイミングで故意にハードなタックルをすると反則となります。

タックルをするときヘルメットから行ってはいけません

スピアリング。罰退は15ヤード。

ヘルメットから相手に突き刺すようなタックルは反則となります。相手にダメージを与える場合も多く、選手生命にも関わる可能性のあることですので、厳しく判定されます。

おわりに

他にもショルダーの首の部分を後ろからつかむようなタックルは反則になったりまします。やはりディフェンスはタックルをするので危険なプレーは厳しい判定を取られてしまうことがあります。

しかしながらルールの範囲内でも熱く激しいタックルがディフェンスの見所です。ぜひ試合会場でその熱いプレーをご堪能ください。

関連記事

5分でわかるアメフト講座
アメフトのポジション(オフェンス編)
アメフトのポジション(ディフェンス編)
アメフトの反則(オフェンス編)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。