\ フォローしてね /

漢文読解!「推敲」読解のポイント

詩中に出てくる「島」とは「賈島(かとう)」という名前の唐代の詩人です。ご紹介する賈島と韓愈の故事から、詩文の字句や文章を十分に吟味して練り直すことを、「推敲」というようになったということです。

漢文「推敲」

出典「唐詩紀事」

島赴舉至京、騎驢賦詩、得僧推月下門之句。

島(とう)、挙(きょ)に赴(おもむ)きて京(けい)に至(いた)り、驢(ろ)に騎(の)りて詩(し)を賦(ふ)し、「僧(そう)は推(お)す月下(げっか)の門(もん)」の句(く)を得(え)たり。

欲改推作敲。引手作推敲之勢、決。不覺衝大尹韓愈。乃具言。愈曰、敲字佳矣。遂竝轡論詩。

推(すい)を改(あらた)めて敲(こう)と作(な)さんと欲(ほっ)す。手(て)を引(ひ)きて推敲(すいこう)の勢(いきお)いを作(な)すも、未(いま)だ決(けっ)せず。

覚(おぼ)えず大尹(だいいん)韓愈(かんゆ)に衝(あた)る。

乃(すなわ)ち具(つぶ)さに言(い)う。愈(ゆ)曰(いわ)く、敲(こう)の字(じ)佳(よ)し、と。

遂(つい)に轡(くつわ)を並(なら)べて詩(し)を論(ろん)ず。

現代語訳

賈島が科挙の試験を受けるために、唐の都長安に着いたとき、驢馬(ろば)に乗って詩を作っていると、「僧は推す月下の門」という句を思いついた。

そして、「推」(押す)という字を改めて「敲」(叩く)にしようかと思った。手を動かして「推(お)す」と「敲(たた)く」のしぐさをしてみたが、まだ決まらなかった。

と思わず、都の長官・韓愈につき当たってしまった。 賈島はつぶさに理由を話した。韓愈は言った、「敲の字のほうがよい」と。

そしてふたりは、轡を並べて詩を論じ合った。

重要な句法

  • 未ダ決セズ(まだ決まらない)
  • S曰、~ト(Sは言った、「~」と)

読解のポイント

科挙試験は大変難しかったといいますが、試作の試験もあって予め作るようになっていたため、島は受験生として練りに練っていたのです。

上司にあたる韓愈は、ぶつかられて怒るかと思いきや、やはり詩作がうわて、という文化人だったので良かった事です、という背景のお話です。

気楽に読み下し文を先に読んでおきましょう。

おわりに

いかがでしたか?唐の時代は文化が隆盛していたので、いいお話が残っていますね!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。