\ フォローしてね /

畳のお掃除の仕方

皆さんは和室などの畳のお掃除をどのようにされていらっしゃいますか?ここでは、著者が行っている畳のお掃除をご紹介します。

用意するもの

  • 掃除機
  • 乾いた布

畳のお掃除方法

お掃除のタイミングは汚れや埃が気になったときに行いましょう。特にいつにどれくらいということはありません。著者は毎日の家の掃除で行っています。

STEP1:畳の目に沿って掃除機にかける

掃除機を畳の目に沿ってかけます。

掃除機のノズルを前へ出す、手前に引くという動作を1往復としてかけましょう。
掃除機のノズルは強く押しても吸引効果は上がりません。畳を傷つけないように、ゆっくりと丁寧にかけましょう。20秒くらいで1メートル四方をかけるくらいを目安にします。

STEP2:畳と畳の間を掃除する

畳と畳の間を細いノズルで掃除します。

埃が入り込みやすいところなので、丁寧に行いましょう。

畳を傷めないように、ノズルをゴシゴシ押し付けたりしないように注意しましょう。

STEP3:乾いた布で拭きとる

乾いた布で拭き取ります。

この場合も掃除機かけと同様に、畳の目に沿って拭きましょう。

畳は本来、素材のイグサに湿気を与えてはいけないものです。
イグサはある年数が経過すると乾燥によるささくれなどを起こすようです。そのときの緩和には、水分を含んだ布を固く絞って、湿気を与える方法もあるようです。また、米ぬかを利用して畳に艶を与える方法もあるようです。

畳のお掃除の留意点

雨などで湿度が高い日は避け、できるだけ乾燥している日に行いましょう。また、窓を開けて換気もしましょう。

食べこぼしなどで汚したときは、畳にシミが残らないように、いろいろな方法があるようなので、参考として掲載しておきます。(本格的なお掃除やお手入れ方法も載っています)

おわりに

いかがでしたでしょうか?畳をお掃除するときの参考になれば幸いです。

(photo by 足成)

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。