\ フォローしてね /

製パン道具「スケッパー」二通りの使い方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

パン作りに欠かせない道具の1つ「スケッパー」。著者がスケッパーをどのように活用しているかをご紹介します。

スケッパーの使い方

パン生地を切り分ける

スケッパーの一番の役割は、出来上がったパン生地を切りわけることです。

1つに丸めたパン生地を等分に切り分けたり、必要なグラム数だけ切り取ったり、スパッときれいに切り分けるには必要不可欠です。

成形パンの飾り切り

成形パンを作るときに、パン生地に切り目を入れる時にもスケッパーが大活躍します。

延したパン生地にスケッパーを当てたら、そのまま垂直に押し付ければ、きれいに切り目が入ります。

ちなみにこの成形パンは、切り目を活かしたチョコレートロールにしました。

お手入れ方法

ステンレス製のスケッパーは、水滴の跡が残りやすいので、洗ったらすぐにタオルなどで水滴を拭き取って保管しましょう。

おわりに

上手にスケッパーを活用して、おいしい手作りパンができるといいですね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。