1. 料理
    2. 鮭の切り身の冷凍保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    鮭の切り身の冷凍保存方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    我が家では鮭の切り身をよく食します。なので、冷凍庫には保存してある鮭がいっぱい入っています。そこで今回は、著者が行っている「鮭の切り身の冷凍保存方法」についてご紹介します。

    用意するもの

    • 塩鮭の切り身
    • キッチンペーパー
    • アルミホイル
    • フリーザーパック

    保存までの手順

    STEP1:切り身の水分を拭く

    切り身の水分をキッチンペーパーで丁寧に吸い取るように拭きます。

    生鮭の場合は塩をふりかけ、なじませた後に水分をとります。

    余分な水分は冷凍時に氷になり、魚の身を傷める(冷凍焼けなど)原因になります。しっかりと水分を拭き取りましょう。

    STEP2:アルミホイルで包む

    アルミホイルで切り身を包みます。アルミホイルで包んだ切り身をそのままフライパンやオーブンなどで焼けるので便利ですよ。

    アルミホイルはラップ材より熱の伝わりがよく、凍るまでの時間短縮に効果があり、ラップ材よりも冷凍焼けの緩和に効果があります。

    STEP3:フリーザーパックに切り身を入れる

    フリーザーパックにアルミホイルで包んだ切り身を入れ、冷凍庫で保存します。

    急速冷凍ができれば、冷凍焼けを緩和できて、調理後も美味しく召し上がれます。

    フリーザーパック内の空気をしっかり抜いて保存しましょう。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?鮭の切り身を冷凍保存するときの参考になれば幸いです。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人