1. 料理
    2. 茶葉をひらく事がポイント!美味しい水出しアイスティーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    茶葉をひらく事がポイント!美味しい水出しアイスティーの作り方

    水出しのアイスティーを美味しく入れるポイントは、やはり温かい紅茶を淹れるとき同様、茶葉をしっかりひらくこと。ピッチャーを2つ用意して一晩置くだけの簡単な淹れ方をご紹介します。

    用意するもの(作りやすい分量)

    • ガラス製フタ付きのピッチャー・・・2つ
    • ティースプーン(紅茶用)
    • 茶こし
    • お好みの茶葉・・・ティースプーン4杯(12g)
    • 浄水した水又は、市販品で軟水の水・・・1リットル
    容量があえばピッチャーは必ずしも同じ物でなくて構いません。ガラス製ですと、容器に香りが移らないのでお勧めです
    水は、紅茶の味を損なわないため必ず浄水したもの又は、市販品を使う場合は軟水のものを選んでください。原産地が日本であれば、大抵の場合軟水です。

    作り方(調理時間:1分 抽出時間除く)

    抽出時間は、常温で最低2~3時間、目安は冷蔵庫で一晩程度です。寝る前に準備し翌朝仕上げるペースですと毎日楽しむのに丁度よいです。

    STEP1:茶葉をピッチャーに入れる

    分量の茶葉をピッチャーに入れます。

    茶葉の分量は1Lに対して12g程度です。水の量に合わせて同じ比率で調整して下さい。

    STEP2:水を注ぎ、一晩置く

    水を、いきよい良く注ぎ入れたら常温または冷蔵庫で一晩置き抽出します。

    いきよい良く水を入れることで、水が対流し茶葉が開きやすくなります。夏場に一晩置く場合は必ず冷蔵庫へ入れましょう。

    STEP3:軽く混ぜる

    抽出後、軽くスプーン等で全体を一混ぜします。

    STEP4:茶こしで漉す

    茶こしで漉しながら、別のピッチャーへ移します。最後の一滴まできれいに注ぎましょう。最後の一滴をゴールデンドロップといい紅茶の一番おいしいところだと言われています。

    完成!

    グラスに注いで、薫り高い美味しいアイスティーの完成です!

    浄水した水を使っているので、あまり日持ちはしません。夏場は冷蔵庫へ必ず入れ、抽出後の翌日位までには飲みきりましょう。
    参考HP:LUPICIA(ルピシア)
    今回、こちらの紅茶専門店で購入した「シャンパニューロゼ」を使いました。ストロベリーとシャンパンの香りが楽しめる爽やかな美味しさです。水出しには、個性溢れるフレーバーティーが向いています。ぜひ、お好みの味を探してみてはいかがでしょうか。

    おわりに

    茶葉をきちんと水の中で、じっくり時間をかけて開くようにするだけで、同じ茶葉を使っても、美味しさがUPします。ピッチャーを2つ用意すれば、あとは一晩置いて漉すだけ。少々後片付けはティーバッグが手軽ですが、味の違いは出ますよ!

    香り豊かな紅茶が抽出できますので、冬の間は常温でも楽しめお勧めです。ぜひ、お試しください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人