1. 料理
    2. オクラの食感を生かした3種類の切り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    オクラの食感を生かした3種類の切り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    オクラの切り方は輪切りにするのが定番ですが、それ以外にも切り方を変えてみると、食感が変わり味わいも違ったものになり、料理のレパートリーが広がります。

    下準備

    両端を切り落とします。

    切り方3種

    1.縦半分に切る

    繊維に沿って、縦半分に切ります。

    このように、中を開く形にして調味料を掛けて焼くと、中に味が入り込み美味くなります。また、種を取り器状にし中に挽肉等の詰め物をして焼いても美味しいです。

    2.種をとり、千切りにする

    縦半分に切ったあと、種をとり繊維に沿って縦に千切りにします。

    このように、千切りにすると種の食感も気にならず、さらっとした食べ心地になります。和え物や煮浸しにすると味が良く馴染み、美味しくなります。

    他の切り方に比べ、内側の粘りけの出る部分が全体に絡むので、他の食材と合わせた時に粘りけがより強くなり、風味のポイントとなります。

    3.横に輪切りにする

    繊維を断ちきるように、横から輪切りにします。もっとも定番の切り方で、納豆に混ぜ込むのがもっともポピュラーな使い道ですね。

    このように、切ると全体に千切り比べザクザクした食感となり食べ応えがあります。切り口が星形になるも可愛い印象です。

    おわりに

    オクラは料理がワンパターンになりがちな食材だと思いますが、こうしして切り方を変えると、まったく別の物のように味わえ面白いですよ。特に縦半分で焼いた味はおすすめです。ぜひ、彩りだけでなく主役としてもお楽しみください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人