\ フォローしてね /

隙間を有効活用!100均アイテムで出来る下駄箱の収納術

筆者の家の玄関には作りつけの下駄箱があります。下駄箱の上下には中途半端なスペースがあり、ココを有効活用したいと思い、100均アイテムを利用して目隠し収納を作ってみました。

収納(上)

使用した100均アイテム

  • 突っ張り棒×1
  • カーテンクリップ(6個セット)×1
  • 布(カラーボックス用カバーとして売っていたもの)×1
  • 段ボールボックス×3
合計600円(税抜)

収納方法(上)

下駄箱の上の空間に突っ張り棒を設置。カーテンクリップを通し、布を下げるだけです。段ボールボックスの中には、洗剤、ハンガー、洗濯ネットなどの洗濯用品を収納しています。

玄関の横に洗濯機があるため、洗濯用品を下駄箱の上に収納しました。

段ボールボックスやカゴを置くだけでもよいのですが、布を下げることで目隠しにもなり、スッキリと統一感が出ます。布を変えることで玄関周りの雰囲気も変わります。お気に入りのハンカチや手ぬぐいなどを使うのもオススメです。

収納(下)

使用した100均アイテム

  • 突っ張り棒×1
  • 布(カラーボックス用カバーとして売っていたもの)×1
  • 段ボールボックス×1
  • プラスチックのゴミ箱×1
  • プラスチックのカゴ×1
合計500円(税抜)

収納方法(下)

下駄箱の下にも半端なスペースがあったので、こちらにも同じように突っ張り棒を設置して、目隠し用の布を二つ折りにして掛けています。

右側の段ボールボックスには資源回収に出す雑誌や紙類を、左のプラスチックのゴミ箱とカゴには空き瓶や空き缶、不燃物を分別して入れています。

目隠し用の布は、カーテンクリップを使わずに二つ折りにして突っ張り棒に掛けるだけでもOK! ラクチンですね。

100均アイテムを使用するメリット

自分の家の隙間の大きさに合うカゴや段ボールボックスなどを、必要な数だけ揃えて組み合わせられるのが魅力的です。

お店によってカラフルなものからベーシックなものまで品揃えが豊富なので、お気に入りのものを見つけるのも楽しいですよ。

注意点

突っ張り棒を使用する際には壁の強度と壁紙に注意してください。突っ張りすぎると凹んだり、繊細な壁紙を傷めてしまうこともあります。

また、100円だからといってついつい気軽に買いすぎるのは要注意です!大きさが合わずに失敗した経験が筆者にはあります。収納スペースの大きさを測ってからお買いものに行きましょう。

おわりに

収納家具を買うことも一つの選択ですが、100均アイテムを利用して収納スペースを作ることができたらお得ですよね。使いやすいよう自由にカスタマイズして工夫するのに100均アイテムは最適だと思います。

筆者は下駄箱の上下のスペースを利用しましたが、この方法は家具同士の間など、他の隙間にも活用できますので、みなさんもお試しになってはいかがでしょうか?

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。