\ フォローしてね /

トランプゲーム「51」の簡単ルールとゲームのコツ

トランプゲーム「51」は、自分の手札と場札を交換しながらトランプのマークとそろえていくゲームです。

ルールは簡単ですので、「51」を知らない人がいる時でも気軽に遊べます。

プレイ人数

2人以上

使用するトランプの枚数

ジョーカー2枚含む54枚

ゲームの手順

ゲームの手順は大きく以下の4ステップです。

  • STEP1:手札を配る
  • STEP2:場札を置く
  • STEP3:手札を場札と交換していく
  • STEP4:「ストップ」をして点数計算

STEP1:手札を配る

まずは、手札を配ります。手札は各プレイヤー5枚ずつです。残ったカードは全プレイヤー共通の山札として、場の中央に置きます。

STEP2:場札を置く

手札を配ったら、山札の上から5枚を表にして場に出します。 この場札も全プレイヤー共通です。

STEP3:手札を場札と交換していく

場札を出したら、手札と場札を交換しマークを揃えていきます。

自分の番が回って来た際、行動の選択肢は次の4つです。この中から1つだけ選び行動します。

  • 手札と場札を1枚ずつ交換する。
  • 手札と場札を5枚総替え。
  • 場札を流して(捨て札にする)山札から新たに5枚場札し、手札と場札を1枚交換する。
  • パスする。

1巡目はパスできません。(2巡目以降は何度でも可)

山札がなくなったら、捨て札をシャッフルして山札にします。

STEP4:「ストップ」をして点数計算

手札がそろい、勝てそうだと判断したら「ストップ」を宣言します。「ストップ」が宣言されたら、もう一巡だけプレイして全員手札を開示します。

勝敗は各プレイヤーの手札の点数で決まります。

  • ジョーカー  10 or 11点 好きなカードとして扱える
  • A       11点
  • J,Q,K     10点
  • 2~10     各数字のとおり
マークが揃っていない場合は0点です

以下が点数例です。

  • 39点

  • 0点

ゲームのコツ

相手の手札を予想する

「51」はマークを揃えるゲームなので、一巡目の時点で誰がどのマークを揃えようとしているのか分かってしまいます。場札からハートを取ったプレイヤーはハートを、ダイヤを取ったプレイヤーはダイヤを、といった具合です。

5枚総替えをした場合には全カードを把握できるので、あと何回で揃うのか、点数はいくらなのかまでわかります。

相手が揃えようとしているマークが分かったら、なるべくそのマークのカード(特にAなど高得点のもの)を渡してしまわないようにしましょう。

  • 場札に高得点のカードがあったら流してしまう。
  • 自分の手札にある時はなるべく場に出さないようにする。

などの方法があります。

「ストップ」のタイミング

手札が揃ったときは、すぐにストップするか、ストップせずさらに高得点を狙うか2つの選択肢があります。

  • すぐにストップする場合

長所は、他のプレイヤーが0点の場合が多いこと。

短所は、得点が低い場合もあること。

  • ストップせず、さらに高得点を狙う

長所は、得点を高くできること。

短所は、順番が増える分、他のプレイヤーに得点されやすいこと。

ここでも、相手の手札予想が大事です。「ストップ」しても、もう一巡回ってしまうので、そこで揃えられてしまうこともあります。よく考えてストップしましょう。

おわりに

「51」の良いところは、やはりその分かりやすさです。簡単なルールで、誰でも楽しめます。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。