\ フォローしてね /

カロリー控えめ!あっさりパウンドケーキの作り方

バターと砂糖たっぷりのパウンドケーキもおいしいですが、カロリーを気にせずにたくさん食べられるレシピを考えました。美味しく作るコツは「食材の甘みを生かす」ことと、「一夜置き」です!

材料(18cmのパウンド型で3〜4人分くらい)

  • 薄力粉…100g
  • ベーキングパウダー…小さじ1
  • てんさい糖…30g
  • 卵…MかLサイズを2個
  • 無塩バター…30g
  • ゆであずき(砂糖が入っている市販のもの)…50g
  • 抹茶…小さじ3
生地を作る前にオーブンを170℃に予熱しておいてください。

作り方(調理時間:約35〜40分)

STEP1:卵を混ぜる

ボールに卵を割り入れ、白身と黄身が完全に混ざるように、よく混ぜます。

STEP2:砂糖を加える

STEP1に砂糖を加えます。砂糖のザラザラがなくなるまで、よく混ぜてください。

今回はてんさい糖を使用しましたが、グラニュー糖やきび砂糖でもOKです。具材を入れずにプレーンに焼くときは少し多め(70〜80g)でも良いと思います。お好みの甘さに調整してください。

STEP3:バターを加える

溶かしたバターを入れて、さらによく混ぜます。

電子レンジを予熱する前に、溶かしておきます。

STEP4:粉類を加える

薄力粉、ベーキングパウダー、抹茶を入れます。粉が残らない程度に混ぜてください。

粉が見えなくなったら混ぜるのをやめます。混ぜ過ぎると生地が硬くなってしまいます。

STEP5:ゆであずきを加える

ゆであずきを入れてさっくり混ぜます。ここでも混ぜすぎないように注意してください。

ゆであずきは砂糖の入っているものを選んでください。缶詰の材料のところに「砂糖」があれば、甘いあずきです。お赤飯用のものは甘くないのでご注意ください。
ゆであずきの他に、ラムレーズン・クルミ・チョコチップなど、お好きな具材を入れてもOKです。具材を加える場合、このタイミングで入れます。シナモンアップルなど、熱いものは冷ましてから入れてください。

STEP6:型に入れて焼く

クッキングシートを敷いたパウンド型に生地を入れて、オーブンで28〜33分焼きます。

焼き時間はオーブンにより異なるため、焼けたら串を刺して中まで焼けているか確認します。液体状の生地がついて来なければOKです。

上手に作るためのポイント

焼けたら、少し冷ましてからラップを巻き、1日〜2日置きます。焼き上がりをすぐに食べてもフワフワで美味しいですが、ラップを巻いて置くことで水分の蒸発を防いでしっとりと仕上がります。

ふんわりと仕上げるコツは、薄力粉を入れてから混ぜすぎないこと。粘り気が出てくると生地が硬くなるので、少ない混ぜ回数で粉と卵が混ざるように手早く混ぜます。また、ベーキングパウダーを入れて焼くことで生地が膨らみます。

さいごに

ボールひとつに材料を入れていくだけで簡単にできます。今回は小豆と抹茶を入れましたが、ラムレーズンやチョコチップ、シナモンアップルなどいろいろな具材を入れてアレンジ可能です。

砂糖控えめなので毎日のおやつに、朝食に是非チャレンジしてみてください!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。