\ フォローしてね /

沖縄本島最強のパワースポット 「斉場御嶽」のおすすめポイント

琉球神話で最高の聖地のひとつと位置付けられる、斉場御嶽を紹介したいと思います。

沖縄県旅行の詳細

家族と2人で1週間の旅行です。時期は12月の下旬でした。沖縄本島の南から北部までレンタカーで移動しながら、各地の観光名所を巡りました。

おすすめの観光スポット

斉場御嶽について

斉場御嶽は「せーふぁうたき」と読みます。この「せーふぁ」とは最高位という意味なので、沖縄では最高の御嶽という格付けになっています。

今風に言えば、最強のパワースポットということになるのでしょう。

アクセス

那覇から国道329号線に乗り、南風原・与那原方面へ向かいます。与那原警察署前の交差点を直進し、国道331号線に入ります。

道なりに進むと、国道は知念半島を海沿いに走るルートになり、その半島の突端にある知念岬を過ぎた、知念郵便局の少し先あたりにあります。

斉場御嶽の見所

巨大な岩盤が折り重なっている光景は神秘的でした。
岩の角度の絶妙さに自然が創りだした造形物としての美しさを感じました。

この巨大石は一体どのくらいの重量があるんでしょうか、物凄い圧力でした。

岩の向こう、光が射している突きあたりの場所が、三庫裏「さんぐーい」と呼ばれる神域になっています。

沖縄最高の聖地である久高島が見通せました。

この斉場御嶽は神の島を拝むための遥拝所だとされています。

御嶽の神域のうち、大庫理「うふぐーい」・寄満「ゆいんち」・三庫理「さんぐーい」・京のはな「チョウノハナ」という名称は、首里城内の建物や首里城正殿二階祭祀の大広間や厨房などの重要な部屋にも同じ名が付けられています。

神の島である久高島の霊力を、斉場御嶽で受け、大庫理・寄満・三庫理といった神域に満ちさせることにより、同じ名を持つ首里城内の施設にも力を送り込む古代人の仕掛けだったのかもしれません。

料金

  • 大人…200円
  • 子供…100円

マナーと気をつけたいこと

足元

湿った場所が所々あって、滑りやすいので足元に気をつけてください。

植物をいじらない

貴重な生態系が残っている場所なので、植物を勝手に採ったりしてはいけませんし、タバコも止めといた方がいいと思います。

聖地であることをわきまえる

聖地ゆえ厳かに振る舞いましょう。葉っぱ一枚石一つも持ち帰ってはいけません。

観光に関するアドバイス

派手な観光地ではない

この斉場御嶽のある一帯は、幸いにして先の大戦の被害を避けられたため、古の姿のまま残されている貴重な場所なのだそうです。

地元の方々が大事にしてきた聖地を公開している場所なので、娯楽施設があるような派手な観光地ではありません。そういった期待で来られるとガッカリするかもしれません。

知念半島を楽しむポイント

知念半島一帯には、海が眺められる有名なカフェがいくつかあるので、カフェ巡りをしてみるのもいいんじゃないかと思います。

バスも通っていますが、レンタカーで来た方が良いでしょう。

おわりに

神社仏閣や教会を前にするような敬虔な気持ちでこの地を訪れてみるのなら、なにかしら得るものがあるかもしれませんね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。