\ フォローしてね /

シンプルな材料で出来る!お雛様寿司の作り方

ひな祭りはいくつになっても女性なら楽しい気分になりますよね。日頃作らない様な料理を作りたくなりますよね。

ここでは、筆者がひな祭り様にシンプルな材料で作っているお雛様寿司の作り方を紹介します。

用意するもの

  • 海苔カッター:1個
  • ピック:2本

材料(おだいり様・お雛様各1体づつ)

  • 温かいご飯:300グラム
  • 寿司酢:大さじ2
  • 卵:1個
  • 砂糖:小さじ1/2
  • 塩:少々
  • 味付け海苔:3枚
  • 梅干しorでんぷ:々(あれば)

作り方(調理時間:30分)

STEP1:顔のパーツを作る

海苔カッターで顔のパーツを2体分型抜きます。

STEP2:卵と調味料を合わせる

ボールに卵・砂糖・塩を入れ混ぜ合わせます。

STEP3:薄焼き卵を焼く

中火で熱したフライパンに小さじ2の油を敷き卵液を流し入れます。少し固まりかけたら火を止め余熱で仕上げます。

STEP4:薄焼き卵を2等分する

薄焼き卵を2等分します。

STEP5:寿司飯を作る

温かいご飯に寿司酢を混ぜしゃもじで切るように混ぜます。

STEP6:寿司飯で体と頭を作る

寿司飯で三角握り(体)と球状握り(頭)を各2個作ります。

頭部分が大きいと体部分がつぶれるので小さ目にしましょう。

STEP7:三角握りに薄焼き卵(着物)を着せる

三角握りの後方から着物を着せるように薄焼き卵を包みます。

片方の着物を着せます。

もう片方を重ねピックで留めます。

STEP8:頭部分をのせる

頭部分を体の上に載せます。

STEP9:顔のパーツを貼る

型抜いた顔のパーツを貼ります。梅干しかでんぷで頬紅を塗ると可愛らしくなります。

STEP10:お雛様の髪の毛を付ける

味付け海苔を縦に2等分します。

片方の髪を付けます。

もう片方の髪を付けます。

STEP11:おだいり様の帽子を付ける

海苔をくるくると巻いていきます。

巻き終わり部分に水をつけ接着します。

おだいり様の頭に載せます。これで完成です。

さいごに

日本の伝統行事は大切にしていきたいですね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。