\ フォローしてね /

キッチンの食器収納 せまくてもすっきりきれいに見せるコツ

はじめに

(photo by amanaimages)

引越し後、キッチンの食器収納スペースが少ないため食器があふれて困っていました。むりやり詰めこんでいたので、食器同士がぶつかって欠けたりする始末。

ここで収納を根本から見なおすことにしました。

食器棚だけの問題にしないのがコツ

キッチンの構造上、食器棚を増やすのはむり。いまの状態で空きスペースを作らなくてはなりません。

1:キッチンの収納すべての再確認

食器収納スペースだけでなく、棚や引き出しをすべてチェックしました。

ほとんど使わないものは無いか?移動させて問題ないものは無いか?著者が実行したのは・・・

  • 電気のグリル鍋、大皿、食品をリビングの収納棚へ
  • タッパーを籠に入れ冷蔵庫の上へ

扉つき収納棚に入れる

グリル鍋、大皿、食品の3点はリビングの扉つきの収納棚に移動させました。

本も入っている棚です。出しやすい1か所にまとめました。食品は保存期間の長いものをふたのない箱などに入れて、期限を書いたメモをつけます。

鍋をする時すぐ出せてかえって便利でした!

大量にあるタッパーは籠に入れ、ほこりよけのクロスをかけて冷蔵庫の上に。よく使うものをここに置くと意外に便利なので、お弁当グッズも良いかもしれません。(取っ手付きの籠が取りやすい)

(image by 著者)

これでキッチンの空きスペースを増やせました。

思いこみを無くして他の部屋に移動できるものを探す

2:食器を減らして傾向を揃える

とにかくグラスが多い。揃えたのに欠けて1個だけ残っている、そんなグラスが山ほどありませんか。

だいじなグラスが2種類くらいで、あとはほとんど普段使いではないでしょうか?

今回ばらばらだった普段使いのグラスをイッタラ(IITTALA)に統一し無印のつり戸棚用収納(現在廃番)に収納しました。

イッタラは輸入食器の安いお店などでよくセールになっていたりします。とにかく丈夫!色も多いのでおすすめ。定番で買いたしも安心です。(写真は220ml)

無印のものは廃番ですが、通販カタログに必ずつり戸棚用の収納用品は出ていますのでぜひ利用してみてください。

その他、柄や色味のきつい食器は処分し、白系を多く残したので無印のものがメインになりました。

和洋共通で使えるものが多く、結果的に食器が少なくすみます。重ねて収納しても収まりがよく、無駄なくスペースを使えます。

食器を変えるのは1度には無理ですが、白で機能的なものに少しずつ変えていくと見た目もすっきりです。

和洋共通の白い食器や同じ形、メーカーでそろえて整然と見せる

おわりに

今のスペースでどうにかしたいというのが希望でした。物のあふれたキッチンがすっきりすると気分が全然違います。収納の仕方を少しずつ変えてみてください。

参考にしていただけたら嬉しく思います。

(photo by amanaimages)(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。