\ フォローしてね /

100均アイテムで効率化!キッチンのストックヤードを整理するコツ

我が家で実践している100均アイテムによる収納テクニックを紹介します。

我が家では、2Fにキッチンがあり。キッチンの横に保存用食材や詰替用洗剤、掃除機などを収納するストックヤードがあります。今回は、ストックヤード棚に効率よくモノを収納するために実践している、100均アイテム活用方をご紹介します。

100均アイテム収納活用のポイント

ポイント1:上段には浅く広めのケースを使用

底が浅く幅広のケースを使用して、インスタントコーヒーやコーヒー豆・お茶、キッチンペーパーなど、使用頻度が2番目になる部類の飲料品などを収納。

  • 使用個数:4個(税込420円)
上段の棚に置くため、掴みやすい底の浅い棚を利用。かさばる大きさのものが多いので、幅広のタイプがオススメ!

ポイント2:中段には、取っ手付きで底の深いケースを使用

取っ手付きで底の深いケースを使用して、シーチキンなど缶詰、インスタントスープ、お菓子や乾物など、使用頻度が最も高い部類の食品などを収納。

  • 使用個数:7個(税込735円)
中段の棚で手も届きやすく、使用頻度の高いものになり、且つ量も多くなるため、取っ手付きで上部な底が深いタイプがオススメ!

ポイント3: 下段には、取っ手なし底の深いケースを使用

取っ手なし底の深いケースを使用して、キッチン清掃グッズや洗剤、サランラップやアルミホイル、お客様向け紅茶やコーヒーなど、使用頻度が比較的低い部類の備品などを収納。

  • 使用個数:11個(税込1,155円)
下段で、比較的軽い重量のものが多く、且つケースからはみ出るサイズのものも多く、ケースの奥に在庫品なども置くことから取っ手が邪魔になるので、取っ手なしがオススメ!

100均アイテムは、こんな点がいいです!

  • 100均アイテムというだけあって、なによりコストが安く抑えられる
  • 同一サイズのケースで揃えることができるので、整理整頓がしやすい
  • 筆者はキッチンということもあって、全て白で統一しましたが、色を変えることで収納物を仕分けすることも可能
  • 棚の収納に使いやすい設計のケースが多く、用途に応じた選択が可能

おわりに

家には、それぞれ収納空間を意識した棚や倉庫が幾つかあると思います。が、そこに単純にモノを入れていってしまうと、思うように入りきらないのが現状ですよね!ここで、100均アイテムのケースが大活躍です。

物が収まらないな~と感じている方は、是非参考にして下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。