\ フォローしてね /

将来を見据えよう!新築マンションの内装プランを決めるポイント

新築マンション購入に際し、資金が決まったら、次に考えるのは内装関係です。

マイホームでのこだわりを実現してくれる、オプション、セレクトプランについて知っておきましょう。

ここでは、内装プランの選び方についてご説明します。

この記事では、新築マンションの内装プランについてご説明します。
本記事は、ノムコムのご協力により、2013年に執筆されたものです。

オプションってなに?

オプションとは

オプションとは、マンションの住戸で標準仕様に含まれていない設備や仕上げで、無料のものと有料のものがあります。

モデルルームに行くと豪華な設備・仕様が目に付きますが、それは最初からついている設備ではなく、有料で設備を付けていく「オプション」の場合があります。

自分でコーディネートできる楽しさもありますが、デメリットもあるので、きちんと把握しておきましょう。

オプションの確認は絶対必要

モデルルーム内に設置されている備品・設備などについて、オプションが価格に含まれていると誤認される恐れのあるものは、オプションシールを貼るなど明確に表示することが求められています。そのため、見分けが付きにくいことはないと思いますが、見落とすこともあるので確認を忘れないようにしましょう。

オプションの範囲はさまざま

マンションによっては無料でフローリングや扉の色の変更(カラーセレクト)や、キッチンの高さを変えることができる場合があります。

他にインテリアオプションとして、食器棚、オーダー家具、カーテン、フローリングのコーティング、エアコンなどがあります。

インテリアオプションは、入居前にトータルコーディネートができる楽しさもありますが、入居後に購入できる物もありますので、慎重に検討してください。

セレクトプランで最適な間取りを選ぶ

間取りを変更!セレクトプラン

ライフスタイルの多様化に既存の間取りでは満足できない人もいて、それに対応したプランを用意しているマンションもあります。

一般的にマンションは多くの購入者に受け入れられるように標準的な間取りになっています。

そんな中でセレクトプランといって、間取りをいくつかの選択肢から選べるようになっている物件もあります。

和室を洋室に変えたり、洋室をなくしてリビングを広げたりすることができるセレクトプランが一般的です。

将来を見据えた間取りを考える

こうしたプランは未完成の物件を購入する際の楽しみのひとつではありますが、間取りを選べるからといって、どんなプランが暮らしやすいかは本当に悩むものです。

そのうえ、ローンを払い続ける間そこに住み続けるとしても、子供が産まれたり、子供が独立したりする時期に住みかえたくなる場合もあります。

同じ間取りのままで快適に住み続けるのは難しいものかもしれません。

購入する時点の視点だけで気軽に選択するのではなく、長期的な視野からじっくり考えて検討することが大事です。

オーダーメイドマンション

間取りの選択ができるセレクトプランの他に、間取りや内装の仕上げなどを自由に設定できるオーダーメイドマンションがあります。

間取りはもちろん、床や壁材、建具、設備機器まで、住む人の要望を反映することができるプランです。

キッチンや洗面所、風呂、トイレなど水廻り以外の間取りを変えるセミオーダーもあれば、間取りも水廻りも変えるフルオーダーもあり(水廻りの変更は制限があります)、ひとくちにオーダーメイドといってもその程度や費用はさまざまです。

間取り変更は慎重に

オーダーメイドや設計変更で間取り変更に要する費用は平均で300万円程度といわれています。

諸条件により幅があるので一概には言えませんが、自分たちのこだわり条件が多ければ多いほど、費用も上がっていきますので、焦りは禁物です。

途中でやめると?

また、施工途中でやめることも可能ですが、その場合は原状回復といって元の状態に戻さなくてはなりません。

原状回復は選択したプランで施工された状態から、ベーシックなタイプに直すということを意味し、この時にかかる費用が、契約した人の負担になります。

万が一「住宅ローンが通らなかった」などの理由で白紙契約になったときも、原状回復が条件になっている場合がありますので、契約内容をきちんと確認しておきましょう。

入居後の変更も可能

入居後も間取りを変更することは可能ですが、管理組合の承諾が必要になります。

また、管理規約でリフォームのルールや条件が定められている場合が多いので注意が必要です。

おわりに

ここでは、内装プランを決めるポイントについてご説明しました。

内装プランは一度決めたら、簡単には変更できません。将来の家族設計を見据え、慎重に検討してみてください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。