1. 暮らし
    2. 不要品は処分!荷造りするときのポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    不要品は処分!荷造りするときのポイント

    引越しの際の荷造りは、とっても大変です。

    ここでは、荷造りをするときのポイントについてご説明します。

    本記事は、ノムコムのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    まずは不用品の処分

    引越す前に処分

    日取りと業者が決まれば、引越しに向けて下準備を始めましょう。

    まずは、引越し先に持って行かない不用品の処分から始めます。

    引越しをしてから考えるのではなく、引越す前にできるだけ処分をしておくことが、費用と作業量を抑えるポイントです。

    処分方法はいろいろ

    引き出しの奥にしまい込んで、何年も眠っている衣服や食器はありませんか?

    不要品でリサイクルできそうな物は単に捨ててしまうのではなく、ネットオークション、リサイクルショップやフリーマーケットなどを積極的に利用してみるのも一つです。

    環境を考える3つのR(リユース、リサイクル、リデュース)を頭の片隅に置いて地球に優しい行動を心がけてみましょう。

    新居の見取り図を作る

    見取り図を作る

    新居の見取り図(家具レイアウト図)を作っておくことは、引越しをスムーズに行うためのコツです。

    引越し当日はどんどん荷物が搬入されますから、各部屋に運び込むものを分かり易くしておくのがポイントです。

    実際の荷造りはなかなか大変なので億劫になりがちですが、ここでしっかり下準備ができれば、新居での作業量が軽減されて、快適な生活を早く始めることができます。

    業者に頼むこともできる

    高く積まれたダンボールの中で生活する羽目にならない為にも、入念な段取りが必要です。

    自信のない方は、お任せプランを選択することを考えてもいいかもしれません。

    いくらお任せといっても、引越しは当人が行うものだということを忘れないでください。

    荷造り

    必要なもの

    荷造りに必要なものとしては、以下のものが挙げられます。

    • ガムテープ
    • マジック
    • はさみ
    • カッター
    • ヒモ
    • 軍手
    • 梱包材
    • 新聞紙
    • ダンボール箱

    段ボール箱などは、引越しを発注した業者から無料で貰えることも多いので、事前に確認しておきましょう。

    掃除用具と雑巾も必需品です。

    雑巾などは多めに用意するとよいでしょう。

    奥の部屋からはじめる

    荷造りは奥の部屋から始めるのがコツです。

    使用頻度の低いものから梱包し、直前まで使用するものは最後にしましょう。

    それぞれのダンボールに入れた物と番号を書き、色ガムテープなどで色分けして、運び込む場所を指定できるようにしておくと便利です。

    どんどん搬入されるので、各部屋にどれを運び込むのか分かり易くしておく事がポイントです。

    後で整理しやすい場所に置いてもらうよう、事前に頼んでおくことも重要です。

    梱包の仕方

    本や雑誌は重たいので、小さいダンボール(Sサイズ)に入れて運び易いようにしましょう。

    タンス内の物などをしまう時には、引き出し単位に梱包して表示しておくと、後で整理するのにとても便利です。

    冷蔵庫は2日前にコンセントを抜き、水抜きを行いましょう。洗濯機も水抜きをよくしておきましょう。

    割れ物の梱包には新聞紙が便利です。

    重要な物には、梱包材を使うとより確実に運ぶことができます。

    半分ほど詰めたら、中身が動かないかをチェックしましょう。

    また、忘れずに「コワレモノ注意」を明記しましょう。すぐ使うものや割れ物類は色テープなどで色分けして目立つようにしておくのもポイントです。

    おわりに

    ここでは、荷造りをするときのポイントについてご説明しました。

    計画的に荷造りをし、後で困らないようにしておきましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ